• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

仕事が終わって「さぁ帰るか」というところで、何故だか今やっている映画は何か、気になった。映画館の方へ足を向けた。

映画館に到着して「あぁ、そういえばイノセンス見てなかったな」「あれ、ちょうどあと数分で始まるじゃん」「今日は土曜日だから安いんだ*1」みたいな感じで劇場に入ると、客は俺の他に一人だけだった。席に着くと、次週公開の『Kill Bill Vol.2』の予告が終わり、イノセンスが始まるところだった。

あっという間に閉幕。以下、感想。

注意!! ネタバレを含む!!

  • *1: 1200円だった。コレって安いのか?

感想

「難解な映画だ」って前評判を聞いていたけど、結構一本道なストーリーで拍子抜けした。

てか、ネタバレも何も、原作に同じようなエピソードあったよね。

原作を読んでいない人は、帰り道にずっと「う~ん」とうなること請け合い(w

「木を見て森を見ず」な見方をすると、さっぱり解らないんじゃないかな。いちいち旧約聖書からの引用に引っかかっていると、楽しめない。

まぁ、そんな批評もどきは置いておいて。

とにかく、映像がスゴかった!! 車の映り込みがキレイだったなー。

なにより"少佐"が出てきたから、それで満足(w

映画のテーマ自体は、自分が何度も触れてきた物*1だし、正直見終わったあとに"残るもの"はあまり無かった。

DVDが出たら、家で何度か見たいなー、と思った。ぼぉーっと、見るのにイイ感じだな。

  • *1: ヒトとその他の生命体、あるいはヒトとヒトの形をしたモノとを隔てる物は何か、とかなんとか

[2] このページの一番上へ戻る