• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE : page.19 「屈辱」

感想

いやー、前回の予想がちょっと当たっていてうれしい。普通に考えれば、Lの方から名乗ってしまえば、ライトが手を出せない、と思ってたんだよね。じゃないと、わざわざLがライトに近づく意味がない*1

ところが、それでもライトがLを消す方法を思いついた。

  • *1: それでも、直接対面するのは危険過ぎるよな。まぁ、マンガとして盛りあがるからOK!!

まず、絶対条件として、Lの名前を知る必要がある。そして、Lの名前を周りに言いふらすこと。要するに、「流河(仮)=L」と知っている人数が限られているから、Lが死ぬと疑われる。だったら、不特定多数の人間に知れてしまえば、ライト個人が疑われる確立も減るんじゃないかな。

たとえば、この先ライトと流河が仲良くなって、「やぁ、L、おはよう」みたいな感じでうっかり言ってしまって、そこからうわさが広がるようにする、とかね。ただ、ライトはそんな手は使わないよなー。

名前を知る方法にしても「探偵を雇う」とかは、ライトはしないだろうなー。最近、ライトのペットと化しているリュークを騙して名前を言わせた方が早そう (w


あと、Lの作戦*1は「名前と顔が一致していない場合、別の名前と顔が一致した人間が死ぬ」と推理していたんだと思うけど、もしアイドルの方が死んで、ライトを逮捕できたとしても、アイドルの家族から訴えられるんじゃないかな。無茶な作戦だけど、Lの狂気が出ていていいな。

Lとアイドルの流河を「似てない」って言っているコマがあるけど、髪形が似てる。意識してるのか、L (w

次回の予想

サブタイトルが「先手」と来て、「ライトの格好」についてなんか書いてあるな。んー、監視されていたときの服装で、監視中に言ったセリフを言い「監視していたことはすぐ気が付いたぞ!!」と威嚇するとか? 意味ないか。

「先手」を打って、ライトの方からLに近づいていく、ってことかな。単純に考えると。

次回は、ライトとLが表面上は仲良くなっていくように描きつつ、心理戦が展開するだろう。で、それとは別にライトの父親の苦悩のシーンが出てくるんじゃないかな? てか、キラ事件の捜査本部は何やってるんだろ?

  • *1: アイドルと同姓同名を名乗る

[2] このページの一番上へ戻る