世の中には、ラッキーが満ち溢れている。

オーストラリアのシドニーに住む男性(60)が、意図せず買い集めていた同じ番号の宝くじ3枚が当選する幸運な出来事があった。

CNN.co.jp - こぼれ話 : 一度に3枚のくじ当選、「人生最大の幸運なへま」と

面白いのは、この部分。

男性はいつも選んでいる番号で、8日に抽選がある宝くじを1枚買い、旅行に出掛けた。しかし購入のくじが、8日のものかどうか不安になったため、旅行先から友人に宝くじを買うよう依頼。 しかし、友人が頼みにきちんと応じてくれたかどうか心配になり、旅行から帰ってきた後、念のため、自分でさらにくじを買っていた。

しつこいなー(w なぜ、この時にそれほどまでに「8日のある番号のくじ」にこだわったのかは不明だけど、その執念がなければ「射止めた合計額は計49万4326.44オーストラリア・ドル(約4000万円)」という結果にはならなかった。「単なる偶然」で片付けるのは簡単だけど「何かの予感」を無意識に感じ取って、3枚も買ったんじゃないかな?


このあと男性は、世界一周旅行に出かけることを決定し、その間に家のリフォームを行うことにした。しかしリフォームが行われているか不安になったため、旅行先から友人にリフォームの業者への連絡を依頼。 しかし、友人が頼みにきちんと応じてくれたかどうか心配になり、旅行から帰る前に、念のため、自分でさらにリフォームを依頼した。……都合、三回のリフォームが行われたため、合計で約4000万円を請求された……なんてね(w 嘘ですよ!!

世の中には、ラッキーが満ち溢れている。自分自身の周りにも、自分と等身大のラッキーが満ち溢れていることに気がつく人が、幸せな人だと思う。

[2] このページの一番上へ戻る