• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE : page.24 「盾」

今回は、かなり「山場」という感じ。今回の一件が終わったとき、連載も終わるんじゃないかな。そう思うと、すこし悲しい。まぁ元から、100話200話と続く話では無いけどね。

感想

おお、オヤジ(局長)かっこいい!! アナウンサーの田中原高樹も、勇気ある発言でかっこいい。この後彼は殺された可能性があるけどね。流れからして、ここで彼を殺さない理由は無いし。

もう、ライトは死神の眼球を得たと見て間違いない。もう一つの可能性として、リュークが教えている、というのがあるけど、前に書いたこと*1と矛盾するから、やはり、目を交換したんだろう。寿命が半分になっても、Lと戦うと決めたんだろう。page.1で「真面目で心の優しい人間だけの世界を作る」という目標がどこへやら(笑)

L側の視点に立って考えてみると、ライトに会いに行くって選択肢は無いのかな? ここに来てLとライトが別行動を続けるのも、少し変じゃないかな? 捜査本部にライトを招いて、ライトの行動を観察するのがいいのでは?

次回の予想

次回は「馬鹿」だって。何だろ。予告の所に「押収品から…!?」と書いてあるから、ビデオテープに何かミスがあって証拠が見つかったんだろうか。

大胆な予想として……Lはライトに協力を仰ぐ。そして、ライトの推理を「馬鹿」にして、ライトを怒らせる、とか。

いずれにせよ、四日後のLのスピーチは行われないと思う。もちろん、長官の命も差し出さない。その前に、ライトが捕まると見た。

  • *1: 死神界のルールで、人間の顔や寿命が見えていても教えない

[2] このページの一番上へ戻る