亡霊によって学生パニック→休講・インド いやいや、子ども(大学生)のいたずらだって!!

インドの首都にあるニューデリー大学で、ドアをノックしたりアフターシェイブローションの匂いを廊下に漂わせる亡霊が出現し、統計学のゼミが臨時休講に追い込まれるという事件が起こった。

(略)

亡くなった学生は1年生で、稀な心臓病だった。そして、亡霊が残すものと同じアフターシェイブローションの香りがしていたと言う。

数人の学生が恐怖に怯えていたため、ゼミを主催するRajeev Karandikarは当日、帰宅を望んだ学生達を帰宅させている。

インド人もビックリ!!(古)

てか、どう読んでも帰りたい学生のいたずらだってば。

[2] このページの一番上へ戻る