虫も殺せぬ19歳、女優・栗山千明 虫も殺せぬ19歳とは何のことかと思ったら、初主演映画「下弦の月(ラスト・クォーター)」(10月9日公開)では、等身大の19歳の普通の女の子を好演し、新境地を開いた。とのこと。要するに、普通の女の子を演じたということ。

そんなことより。栗山千明 さんの普段の顔はというと、

理想の男性像は「アニメの『新世紀エヴァンゲリオン』の渚カヲルくん」

とか、

好きなものは意外や意外、漫画にアニメ、ゲームとオタクの趣味が3拍子揃っている。ちなみに、今夢中なのは漫画が「二十世紀少年」と「鋼の錬金術師」。アニメは「天上天下」と「ギャラクシーエンジェル」だそう。「ほかにもいろいろありますよ。プライベートはどっぷり漬かってます。ホントに好きなんですよね~」と、インタビュー中、一番の笑顔を見せた

ですって !!

ファッション誌でモデルをやっていた頃から好きでしたが、“近づきがたいフンイキ(だからこそ惹かれる)”でした。それが、なんだか妙に親近感が湧きました。

  • ★栗山千明(くりやまちあき)

    本名同じ。昭和59年10月10日生まれ。

    5歳からモデルを始め、平成11年「死国」のヒロイン役で映画デビュー。

    13年に「バトル・ロワイアル」(深作欣二監督)に出演。クエンティン・タランティーノ監督の目に留まり15年「キル・ビルVol・1」でハリウッドデビュー。

    今回出演の「下弦の月-」で初主演を果たす。

    モデルとしても雑誌、広告など国内外を問わず活躍中。

    趣味はアニメ、漫画、ゲーム。特技は新体操、クラシックバレエ。

    身長1メートル62、A型。

via: はてなダイアリー - ARTIFACT@ハテナ系

[2] このページの一番上へ戻る