雑学・豆知識700連発

数が多いので、面白かったものを抜き出してみました。

  1. イクラ

    イクラのコピー食品を発見する方法は、お湯に入れてみる。白く濁れば本物(タンパク質が凝固して、白濁する)で、濁らなければ偽物。

  2. イルカ

    イルカは元々陸上生物だったため、溺れる事がある

  3. エンピツ

    日本人で初めてエンピツを使ったと言われるのは徳川家康

  4. おあいそ

    おあいそは「愛想が尽きた。ツケ(勘定)をすべて払い、もう二度と来ないぞ」という意味。

  5. ギロチン

    フランス革命でルイ16世が処刑されたギロチン、国王は機械いじりが好きで、ギロチンの設計図を見た際、苦痛を与えず一瞬にという思いやりから、四角い刃を三角形にするよう指示したらしい

  6. 鈴木実

    日本人のフルネームでもっとも多い名前は鈴木実氏。以下は斉藤実・田中実・鈴木清・鈴木茂の順

  7. ソーセージ

    ソーセージは直径の太さで種類が分かれる。20㎜未満がウインナー、20㎜以上36㎜未満がフランクフルト、36㎜以上がボロニア

  8. タヌキ寝入り

    「タヌキ寝入り」を英語で言うとfox sleepでキツネ寝入り

  9. 右脳と左脳

    考える時に、視線が左を向いていたら「直感的右脳人間」で、右を向いていたら「理論的左脳人間」

  10. 駅名

    一番短い駅名は三重県の「津」、一番長い駅名は熊本県の「南阿蘇水の生まれる里白水高原

  11. 魚には痛みを感じる痛点がない。まな板に乗った魚が暴れるのは痛みや恐怖ではない。魚の体温は約12度だけど、それを約3倍の体温の人間が押さえつける為に、その体温変化に対して防御反応

  12. 弱火

    「弱火」は「よわ火」ではなく、「とろ火」が正しい読み方

  13. 精子と卵子

    人体で一番大きな細胞は卵子で、小さな細胞は精子

  14. 鎮痛剤

    世界最初の鎮痛剤は1865年、ドイツの科学者であるアドルフ・バイヤーによって、リンゴの人間の尿から「バルビツール系鎮痛剤」が発見された。バルビツールの名前は尿を提供してくれたウェイトレスの名から。なぜ、リンゴと尿の奇妙な組み合わせを考えたのかは記録として残っていない

  15. 吐息

    南極では吐息は白くはならない。南極は空気が綺麗なので、塵や埃がないから

via: Preston Wiki - ネタ帳

[2] このページの一番上へ戻る