• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ: |

中国で「死のノート」に賛否両論 日本の漫画が発火点

中国遼寧省瀋陽市の小中学生らの間で、名前を書くだけで相手をのろい殺せるという「死のノート」を描いた日本の漫画の影響を受けた遊びが流行、これを規制すべきかどうかで論争が起きているとのこと。まぁ、『デスノート』という作品そのものを規制する、という話ではないといいのですが。

[2] このページの一番上へ戻る