• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

最近、Weblog界隈でタグがはやっています(……いきなり余談ですが、 “タグ” というのはあまりにも広い範囲で使われている単語なので、Web上から情報を集めるのに苦労しました)。

今回は、「Weblogの記事にタグを付ける」利点やその方法、タグを利用したWebサービスの紹介をします。

タグを付ける利点

さて、「Weblogの記事(コンテンツ)にタグを付ける」のはどういう利点があるか、的を射た意見を見つけたので引用します。

なんらかのコンテンツがあるときに、それをいずれかの箱(カテゴリ)に入れるという発想ではなくて、そのコンテンツが持っている属性のラベルを思いつくだけ貼っておいて、同じラベルの付いたものを自動的に引き出せるということか。

前者の「いずれか一つのカテゴリに入れる」というのは物理的に物を整理するときの発想で、あるコンテンツの持つ属性をいくつでもあるだけラベルしておいて、あとでそのラベルが付いたものだけをだーっと引き出す、というのは物理的に不可能なデジタル的な発想かな。

最近タグばやり

例えば、「お絵かき掲示板で “ミサがipod shuffleを愛用しているイラスト” がかわいかったので紹介・ついでにipod shuffleの紹介」という記事をこのサイトで書いた場合、カテゴリ分けに苦労するわけです。「週刊少年ジャンプ」か「マルチメディア」…いや「Weblog」か……。もちろん、全部のカテゴリに入れておけばいいのですが、それよりも「Webサイト紹介, お絵かき掲示板, 弥海砂, ミサミサ, デスノート, イラスト, ipod, …」とか何とかタグを入れておけば、後からピンポイントに記事が探せるわけです。

Technorati: Tagsの紹介

タグを使ったWebサービスは色々ありますが、今回はTechnoratiのサービス、Technorati: Tagsを紹介します。ここについては、Kengoさんが非常に分かりやすく解説しているので、またまた引用します。

Technorati: Tagsは最近はやりのタグをうまく使っています。Flickrから写真をdel.icio.usからタグで関連づけされたbookmarkをそしてBlogのエントリーからカテゴリーをベースとしてタグ情報とするようです。

例えばFirefoxで検索してみるとTechnorati: Tag: firefoxという感じになります。

Going My Way: Technoratiが示したタグの使い方

Technorati: Tagsへ更新Pingを送信

さて、せっかくこういったサービスがあるので、自分が書いた記事もTechnoratiで取り上げられるとうれしいのが人情。どうも、TechnoratiはWeblogの記事を自動収集しているようです(という記事を見かけました)が、Movable Typeには「更新Ping」を送る機能があるので、Technoratiに直接「更新Ping」を送るのが確実です。「更新Ping」の設定方法は#BLOG: 更新pingとトラックバックpingの違いが分かりやすいです。Technoratiへ更新Pingを送るには

http://rpc.technorati.com/rpc/ping

を設定します。そして、Technorati: Tagにはどのように対応しているかと言うと、

Movable Typeなどpingを発信しているツールはそのままカテゴリーをタグとして認識するそうです。それ以外のツールを使っている場合や任意にタグ情報を入れたい場合

<a href="http://technorati.com/tag/[tagname]" rel="tag">[tagname]</a>

という感じでエントリー内に入れておけばいいらしい。

Going My Way: Technoratiが示したタグの使い方

とのことです。

Technorati: Tagsへのリンクを手軽に

いちいち手動でリンクを作るのは面倒ですがGoing My Way: Technoratiタグへのリンク作成を手助けするBookmarkletを利用すれば、簡単に作成できます。


このエントリーにもタグを付けてみます。

, , ,

[2] このページの一番上へ戻る