• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

今頃、読み始めた。発売から二年近く経っているのか。

今は400ページくらいまで読み進んだ。ちょうど半分くらい。まだ事件は起きていない……。というか、400ページを費やして、人物紹介と過去にあった事件の説明という、普通の小説の冒頭部分が、ようやく終わった辺り(まだまだ続く可能性もあるが……)。この前100ページは、延々妖怪談義だったり。

京極氏の小説の特徴として、本編が始まる前に「事件解決直前」の描写が描かれている。それでいて謎解きに支障が無いのが見事。まぁ、当然「誰がラスト近くまで生き残ったか」は分かるが。

まだまだ感想が書けるほど物語は進行していないので、読了後にまた記事を書くことにしよう。

ところで、関君はいつも通りだった。「関口巽=碇シンジ」として読むのもアリ?

陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)
京極 夏彦
講談社 (2003/08/09)
売り上げランキング: 14,269
通常24時間以内に発送
おすすめ度の平均: 3.68
5 しんみりしました。
4 不思議な印象
3 鳥の城

ちゃんと人物紹介もあるので、これから読み始める人にもいい。

てか、「鳥の城」って感想はどうだろう……

[2] このページの一番上へ戻る