• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

DEATH NOTE page.61「二番」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年21・22合併号)。

第一部の最終話の後に何があったかの説明と、衝撃的なラストシーンで楽しめる一話。

今回の見所は、ミサのネグリジェ姿。たった一コマなのだが、今まででも最大級の破壊力を持ったこのシーンについて考察してみる──

さて、今回のミサのネグリジェ姿のシーン。まずは今までデスノートを読んできた読者がどのように反応するかを考えてみると、

  1. 「ミサミサ萌えー!!」と叫ぶ
  2. 「またミサか」とほくそ笑むかスルー
  3. それ以外

のどれかに当てはまると思われる(当たり前だ)。

 

では、自分が何故このシーンがそこまで破壊力を持っているのかというと──

──それは、「デスノートを未読の人」に対して、この場面がどのような状態かを説明する、ということを想像すればよく解る。

 

この場面を客観的に解説すると──

「この女の子はミサというアイドルで──

場所は彼氏と同棲しているマンションの一室──

というのは仮の姿で、世界一の凶悪犯罪者を追っている捜査本部で──

そこに集まっているのは警視庁の刑事達であり、彼氏の父親でもある刑事局次長もいる」

さらには「後ろにいるのは死神」で「というかその“世界一の凶悪犯罪者”というのはミサと彼氏」

──という、どれだけ特殊な場面かよく解ると思う。

そして、そこで出てくるミサのセリフが

今日はいい子に一人で先に寝るねー

なのである。「今日“”」がポイントなのは言うまでもない。

「じゃぁ、普段は悪い子なのか」という方向での深読みも可能だろう。

とにかく、他に人がいる──しかも彼氏の父親がいるこのシーンで上記のセリフが出てくるところが、ミサの凄いところ。今後、ミサを超える精神力を持ったキャラクタは出てこないだろうな。

 

今回のサブタイトル「二番」は、メロが二番であることにコンプレックスを持っているところから、という判りやすいタイトルだった。内容も判りやすい。

メロは、今回を見る限りは、このまま主役クラスを続けるのが難しいと思った。いかにもB級というかヘタレ系の悪役ぶりだった。Lのように、キラ(ライト)とメロの一騎打ちならとっくにやられているのでは。

頭の中で「ヤムチャ」というキーワードが浮かんだ。「テリーマン」でも可。

 

一方、ニアは仕草がLそっくりだが、

「チャンスがあればノートを横取ります

と物騒なことを言っている。Lが死んだことを聞いても動じることなく、キラとの対決もゲームとして捉えている。Lの冷酷さを、より際だたせたキャラになっている。

まぁ、今思い返せばLも「キラの首を土産に──」などと物騒なことを言っていたが。

 

さて、次回の予想だが、さらわれた粧裕をどうするか、という展開になるだろう。まさかまた、あっさりとデスノートで──とはならないことを祈る。

FBIと組んで共同捜査ということになるのでは。問題は、そこに(新米の)ライトが加わることが出来るかどうか。捜査本部の外でこの六人が集まるのは問題なので、次長と相田辺りがFBIと捜査をして、ライトは別方面から捜査を進めるのだろうか。次長がノートパソコンでライトとやりとりをすれば問題はないと思う。

デスノートは今後、舞台がアメリカに移る気がする。ミサがハリウッドに進出することだし、デスノートアメリカ編もまもなくでは。

 

ところで、Lが建てたあのビルはどうなっているんだろう──

[2] このページの一番上へ戻る