• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.245「6-2」 感想と次回予想(週刊少年ジャンプ2005年30号)。

モラウ対ヂートゥが半分以上のページを占めた回。実際は、まだ「戦っている」という感じではなかった。

今回は、モラウの煙の念能力のせいか、全体的にもやもやした話だった──と思ったら、単に下書きが載っているだけだった。来週は休みなので、ゆっくり休んで復帰して欲しいな。

今回の見所は、ヂートゥの新能力。

ヂートゥの念能力

ヂートゥの能力を、モラウは「明らかにナックルの天上不知唯我独損ハコワレ影響を受けている」と言う。しかし、実際は「トリタテン」になる前に除念されたのでは?また、もし「トリタテン」に変化しても、以前のヂートゥは“発”ができなかったはずなので、念を封じされても特に問題ないような。

ヂートゥは自分の能力を「追いかけっこ」が得意な自分にピッタリな能力、と思っているようだが、モラウは「心の削り合い」だと言う。ここが面白かった。単純な脚力では適わないモラウが、どうやってヂートゥに触れるか──。おそらく、まだ登場していない煙の使い方があるのでは。

除念師ヒリン

ヂートゥを除念したのは、ヒリンと言うキメラらしい。レオルと一緒にいた、変な帽子をかぶったキャラだろう。レオルのセリフ、「ヒリンはヂートゥの除念で動けない」というところから、アベンガネのように、除念をした側に何かハンデを負うのだろう。

ところで、ノヴを見つけた後で、急に駒不足のために応援を頼むレオルは、準備不足だなーと思った。元々、敵が何十何百といたらどうしたんだろう。

王対アカズは「荒れるね」

王とアカズ少女(名前を決めて欲しい)の勝負は、予想通りアカズ少女が優位だった。これからどういう展開になるかが気になる。ラストの「荒れるね」はもちろん天気だけの話ではなく、現在の状況を指している。何となく、王が機嫌を損ねて暴れ出す展開になるような──。


次回の予想

次回は、引き続きモラウ対ヂートゥが描かれると思う。モラウの奇策が見られるだろう。

王対アカズも決着が付きそう。王が勝てるかどうかより、王がアカズをどう扱うかがカギになる。

[2] このページの一番上へ戻る