• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

すみません!! 下にある文章は、全くの勘違いでした!!

──というか、MT3.2からMovable Typeを使い始めた人や、MT3.2にアップデートした後でデフォルトのテンプレートを使っている人は「( ゚д゚)ポカーン」でしょうね……。

MT3.2から(もっと前から?)「JavaScript」という名前のインデックス・テンプレートが追加されています(ファイル名は"mt-site.js")。このファイルを読み込むと、今まで通り「(TypeKeyを使って)サイン・インしてください」が表示されます。

MTでブログをひとつしか作っていない状態で、単純にMT3.2のファイルを上書きアップロードしていると、気が付かないことが多いでしょうね。

新規にブログを作成してみると、「JavaScript」というインデックス・テンプレートがあるので、内容をコピーするのがお手軽だと思います。

──ということで、MT3.2は今までとは別物と考えて、デフォルトテンプレートに戻すのが一番確実でしょうね。

以下の文章は、無駄なことに半日を浪費した男の記録として、さらしておきます──。

Movable Type 3.2のDefault TemplatesMovable Type - 3.1x Default Templatesから大きく変わりました。

テンプレートの変更によって、Movable Type 3.2のコメント投稿には色々問題があります。

今のところ、自分が判っている問題点は、下の二つです。

  1. 3.17までのテンプレートではコメントのフォームが表示されない
  2. 3.2のDefault Templatesには「TypeKeyにサイン・インする」がない

以上の二つは、何とか解決することができました。下記を試すときは、自己責任でどうぞ。

──おそらく、Movable Type 3.2の日本語版では修正されると思うので、それまで待つ方がいいと思います。

それでは、ひとつひとつ確認していきましょうか──。

3.17までのテンプレートではコメントのフォームが表示されない

「Movable Type 3.2ではコメント入力フォームまわりが大きく変わっていて、従来のテンプレートのままではコメント入力フォームが動作しない」という点です。

The blog of H.Fujimoto: Movable Type 3.2でのコメント入力フォームの変更

ということで、テンプレートを更新しないと、「個別エントリーアーカイブ」の「コメントしてください(日本語版の場合)」の下に何も表示されなくなります。

しかし、Movable Type 3.2のDefault Templatesに更新しても、まだ問題があります。

3.2のDefault Templatesには「TypeKeyにサイン・インする」がない

MT3.2のDefault Templatesには、どのテンプレートにも「TypeKeyにサイン・インする」という項目が無い!!

──のですが、実は、すでにTypeKeyにサイン・インしている場合──たとえば、他のサイトでTypeKeyにサイン・インしていた場合、普通にコメントしても「TypeKeyでサイン・インした投稿者」としてコメントが登録されてしまいます。

例えば、自分としては「名無しさん」としてコメントしたはずが、TypeKeyの登録名が出てきてバレバレ──という事態が起こるわけです。

MM/MemoなどのTypeKeyにサイン・インするサービスを利用している人は要注意──というか!! 無記名でないと書けないコメントはやめましょう。

それでは、どうするか?

Movable Type 3.2のDefault Templatesを修正

いよいよ、解決編です。そうです、犯人はこの部屋の中にいたのです。

実は、Movable Type 3.2のDefault Templatesを少々変更するだけで問題は解決します。

ここでは、「個別エントリーアーカイブ(Individual Entry Archive)」の修正方法を紹介します。

「個別エントリーアーカイブ」の修正方法

まずは、「個別エントリーアーカイブ」をMT3.2の初期状態に戻します。

MT3.2の管理画面「メイン・メニュー > MTBlogName > テンプレート」の「System」を開き、「個別エントリーアーカイブ」の左端にあるチェックボックスをクリックします。そして「More actions...」から「Refresh Template(s)」を選びます。

その後で、「個別エントリーアーカイブ」を修正します。

111行目の<MTEntryIfCommentsOpen>から166行目の</MTEntryIfCommentsOpen>までを、下記と変更します。

<MTEntryIfCommentsOpen> 
<MTIfCommentsAllowed>
<h2>Post a comment</h2>

<MTIfCommentsModerated>
<p class="comments-open-moderated">
(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのウェブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)
</p>
</MTIfCommentsModerated>

<MTCommentFields>

</MTIfCommentsAllowed>

</MTEntryIfCommentsOpen>

これで、とりあえずTypeKeyによる認証も可能なコメント投稿ができます。要するに<MTCommentFields>がコメントフォームを表示させているわけです(色々問題がありそう)。

「コメント・リストのテンプレート(Comment Listing Template)」なども、同じように修正するといいでしょう。

修正を待った方が賢明?

上記の作業が面倒、または不安──という人は、MT3.2の日本語版に期待して、アップデートするのは待つのが賢明でしょう。

──ん? 自分ですか?

コメントが少ないから、コメントフォームなんててきとーですよ。

[2] このページの一番上へ戻る