• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

Firefoxで、急にWebサイトのいくつか表示できなくなったので、調査(大げさ)したメモ書き的記事です。

始まりは、一つのWebページだった……

Firefoxでメモリを大量に利用することが気になったので検索してみると、次の情報を見つけました。

メモリキャッシュの使用量を変更する

Firefox は通常、利用可能なメモリサイズに応じて、メモリキャッシュの使用量を動的に決定します。メモリキャッシュの使用量を指定するには、次のコードを user.js ファイルに追加してください。

// メモリキャッシュの使用量を変更する
// -1 = 動的に決定 (デフォルト)、0 = なし、n = メモリサイズ (キロバイト)
user_pref("browser.cache.memory.capacity", 4096);

メモリキャッシュを完全に無効化するには、次のコードを追加してください。

// メモリキャッシュを無効化
user_pref("browser.cache.memory.enable", false);

Firefox Help: 便利な使い方

さっそく、上記の通り設定してみました。初めはメモリサイズの指定だけしてみると、「まぁ、少しはメモリの消費が押さえられたかな?」という結果になりました。

さらに、メモリキャッシュを無効にしてみると、さらにメモリの消費が押さえられたので、そのまま使うことに。それがいけなかった

表示されないWebサイトが!

しばらくFirefoxの利用を続けていると、妙なことに、リンクをクリックしても表示されないページがいくつもありました。海外のページが多かったので、「まぁ、日本からのアクセスを禁止しているのかな」と思っていました。

しかし、下記のWebサイトも表示できなくなり、いよいよおかしいことに気がつきました。

初めは、個別ページへのリンクが開かないので「あー、lomoさんところはリニューアルしたからhogeでfugaなことになっているのかー」とか何とか思っていたのですが(hogeとかfugaの部分は特に何も考えていない)、それにしてもおかしいな、と。

ようやく本題

いろいろ調べてみると、どうも上記の「メモリキャッシュを完全に無効化」したのが原因のようでした。メモリキャッシュの無効化コードの記述を削除すると、表示されなくなったページが、あっさりと表示可能になりました。

と、解決したあとで下記のページを見つけました。

とりあえず、browser.cache.memory.enable を false にすると一部のページがまともに読めない[*2]らしい(汗)。

Rambling Words - LIFE$:[NIKI]0309.LOG

──要するに、今回の記事は、この一行で終わるんだなー、これが(古)。

[2] このページの一番上へ戻る