エヴァって……

『新世紀エヴァンゲリオン』──かつてこれほど語り尽くされたテーマがあっただろうか? いや無デスノートい(あれ?ノイズが……)。

さて、WEBアニメスタイル上で、小黒祐一郎氏がエヴァンゲリオンの感想を書いています。

これがもう──面白い!

「第壱話 使徒、襲来」から始まり、TV版の26話分が終了。いまは劇場版の「DEATH AND REBIRTH」まで来ました。あとは「夏エヴァ」の二話だけだと思います。

WEBアニメスタイル_COLUMNWEBアニメスタイル COLUMN 「アニメ様の七転八倒」

2006-06-28T23:36:09+09:00 追記

編集長メモ: 【WEBアニメスタイル】エヴァ雑記・一段落によると、各話コメントが終了しました。数日おいて、ちょっとした纏めを書きます、とのことです。左記のリンク先(ダジャレに非ず)に、全ての感想ページへのリンクが張ってあります。一気読みでも好きな回だけでも、読んでみてください。

2006-08-01T16:37:39+09:00 追記

ついに、纏めが書かれました。編集長メモ: 【WEBアニメスタイル】エヴァ雑記・纏めにて、全ての感想ページへのリンクが張ってあります。

「当時の現場」

「小黒祐一郎……噂では庵野監督から脚本を頼まれて、それを断ったほどの男……」(ジャンプの『リボーン』ネタ)(あと、噂、ではなく事実です)

ということで、生の制作現場を見たり、制作側の人間と関わったひとが書く感想です。いわゆる「シロウト」とはひと味もふた味も違う切り口で、かなり楽しめます。

こんな感じで、「当時の現場」の様子が語られています。

確か三石さんは第壱話のアフレコでは、テスト、ラステスで、生身感を出したリアル寄りの芝居をしており、本人も納得していないようで、演りながら首を傾げていた。それが本番でいきなり、月野うさぎ寄りのちょっと甘い感じの芝居になったのだ。音響監督の指示で変えたわけではない。彼女自身の判断であり、その思い切りのよい切り替えは、実に鮮やかだった。後にミサトのキャラクターが掘り下げられ、生身の部分が強調されていく事を考えれば、三石さんの芝居は正解だったのだろう。

WEBアニメスタイル_COLUMN

おそらく、あと二回ほどでエヴァの感想は終わると思うのですが、時間があるときに一気に読むことをおすすめします!

あ、劇場版も含め、全て見たひと向けの感想です。ネタバレありです(言うのが遅い)。

My rate [stars]

当時、『Air/まごころを君に』は劇場で七回見ました!七回とも、「息苦しい感じ」を堪能しました(何も知らずに家族連れで来た方、ご愁傷様)。
DVDで見ても「当時の感じ」がよみがえってきて、「○○○○○い(最後のセリフ)」でドンヨリ……。
でも、また何度も見たくなるのが、エヴァ。
hReview by asiamoth , 2006/06/23

[2] このページの一番上へ戻る