• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

なんてったってトリック

独創的なトリックが出てきます。

──というとネタバレのようですが、おそらく、そう聞いていてもトリックを見抜く人は少ないでしょう。

もし、この作品のトリックを見抜ける人がいるとしたら──

  • ワンセンテンスも読み逃さず──
  • 行間を最大限に補完し──
  • 話の前後関係を全てつなぎ合わせ──
  • 書いてあることと書いていないことを見抜ける──

──そんな人でしょう(夜神月とかLとか?)。

きっと、そういう人は『アクロイド~』を前知識なしに読んでも

「──あ、やっぱり」

で終わることでしょう(でもそれって、すごくつまらないぞ!)。

衣裳戸棚の女

photo

著者: ピーター・アントニイ

My rate [stars]

by. labs.hail2u.net/amazon/asamashi/

まさに《独創的なトリック》!飄々とした老探偵の言動も楽しい作品。

トリックばかりではなく、老探偵のユーモアたっぷりの語り口も面白かったです。

若きミステリィ作家へ

これからミステリィ作家を目指す人は、プロ・アマを問わず、ぜひ読んで欲しい作品です。

──渾身の力を込めて編み出した「自分独自のトリック」が、『衣裳戸棚の女』とカブってしまわないように(笑)。

というのは冗談ですが、こういったトリックが許される、というミステリィの懐の深さを知ることができます。

ただ、どう考えても「初めてミステリィを読む人」にこの作品を読ませる、というは、お勧めできないなー……。

それは、『幽々白書』に出てきた「キャベツ畑やコウノトリを信じてる少女に無修正ポ●ノを突きつける」ような行為かと(それもまた一興?)。

投げ捨てるために読む人へ

──と、賛辞を並べてみました。決して厭味ではなく、asiamothは楽しめました。

前に書いているように、自分は

「やられた!騙された!(ニヤリ)」

を言うためにミステリィを読んでいるので。

まぁ、人によっては最後の「種明かし」で本を投げ捨てるかな(笑)。

世の中には「批判、というか悪口を言うために、お金を払って作品を買う」人がいるらしいので、そういった方にもお勧めかと。

ということで、人によっては何通りも楽しめる作品でした。

長門さんも

ああ、そうか。人に勧める場合は

長門さんも読んでるよ」

でいいのか!

「なに読んでるの? 長門さん」-第6話『孤島症候群』

[2] このページの一番上へ戻る