• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

怪しげなタイトルの意味は

誰にでも、何度も読み返す本があるのではないでしょうか。

asiamothの場合は、これ。

森博嗣のミステリィ工作室

森博嗣のミステリィ工作室

  • 森 博嗣
  • 講談社
  • 2001-12
  • ¥ 750
  • Book

森博嗣さんが影響を受けた100冊の本を紹介する「ルーツ・ミステリィ100」や、自作の紹介、昔に書いたマンガも載っています。森ファン必携! お腹いっぱい! うーん、もう一杯! な一冊です。

自分は、寝る前の少しの時間で、何度も拾い読みしています。──怪しげな記事のタイトルは、つまり、そういうこと。

「ルーツ・ミステリィ100」

特に「ルーツ・ミステリィ100」が面白い。ミステリィ以外の作品も多く紹介されており、バリエーション豊富な内容です。

自分の中では、本を紹介する時のお手本にしています。ミステリィファンのためを考えて、ネタバレになることは書いていないのに、その本を読みたくなるような紹介なのが凄い。ブログで本の紹介をする際、うっかりすると学生の読書感想文みたいに「あらすじを書いただけ」になりがちな人に読んで欲しいですね(あらすじはあらすじで需要はあると思うが)。

どの作品にも愛が感じられる書き方で、ちょっと空いた時間に読むと心が洗われます。ある作品の紹介で「散歩のように読む」とか「心の刃物を研ぐことのできる作品」とありましたが、自分にとっては『ミステリィ工作室』がそれに当たりますね。毎日の散歩、のように読んでいます。

──そして、もうお気づきの通り、このブログで紹介している本のほとんどは、「ルーツ・ミステリィ100」に出てきます。100冊を読み終わることはできるのか──。

この記事のタグ(偽)

[実は千夜一夜ってたかだか三年弱][マンガは難解ス][萩尾望都さんのファンも是非]

[2] このページの一番上へ戻る