衝撃的エントリィ

あれこれ.....: 魔の交差点を見て笑撃的電影箱、もとい衝撃的にエントリィ。

監視カメラは見た! “魔の交差点”

まずはこの動画をご覧ください。

ブラウザが対応している場合、ここにYouTube.comの動画が表示されます。

利用しているブラウザ(Feedリーダ)によってはうまく表示されないかも知れません。その場合はYouTube - Traffic accidentからどうぞ。

何が怖いって

「交差点は事故が起こりやすいから気をつけよう」というのは当たり前として──

──自分が問題ない運転をしていても、前方を走っているひとのせいで事故に巻き込まれる、という恐ろしさ! 怖さにおいて「SAWを越えた!」とキャプションを付けてもいいくらい(ジグソウの《ゲーム》に巻き込まれるよりは確率高いし)。

監視カメラの映像を見る限り、「大丈夫だと思った」というレベルでは決してありません。「どう考えても事故るだろ。常識的に考えて……」という事故ばかり(それを集めた映像だ、というのを差し引いても)。

こういう事故を起こすひとは、空間認識能力に欠けているのでしょうか? 視力・動体視力の問題でもなさそうだしな……。

「交通事故」といえば

何かミスをしたひとや、上司に注意されたひとへのフォローとして、

「ま、今回は交通事故みたいなモンだから──」

という言葉を掛けることがありますが、上記の動画を見ると、

  1. 自分が悪くなくても起こる事故
  2. 貴方が不注意なんじゃないの?

のどちらの意味か、すこし考えてしまいます……。

まとめ

  • 本当に魔物が棲むのは、ドライバの「大丈夫だろう」精神(無難なまとめ)
  • 信号無視はやめよう、ってせんせいがいってたよ(小学生の常識)
  • 事故を起こすようなひとは車に乗らないでください(無茶)
  • 車がダメなら飛行機(または自家用ヘリコプタ)に乗ればいいのに(アントワネット理論)
  • 馬鹿どもに車を与えるなっ!!(by. 海原雄山)(けだし名言である)

この記事のタグ(偽)

[いやマジで交通ルールくらい守ろうな!][ヌコ轢くのも勘弁!][「そんなこと言ってたら車に乗れない」という逃げもイクナイ(思考停止)]

[2] このページの一番上へ戻る