• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ: |

ジャンプ読みとしては

とっっっくの昔に語り尽くされたテーマだと思いますが、いちジャンプ読みとして、どうしても前から言いたいことが(ここでいう《ジャンプ》とは《週刊少年ジャンプ》のこと)。

「ジャンプの主人公って、親の七光りばかりだよね」

バトルマンガに顕著

ゴン幽助一護も、「父親が強いから、強い」の典型キャラ。

悟空の父親は「下級戦士」ですが、まぁ、戦闘民族の血筋を引いていますからね。

スポーツマンガでも、親から才能を受け継いでいる場合が多いような。

なので、うっかりとジャンプマンガに影響を受けて「よし、ぼくも○○をがんばろう!!」と熱く燃える少年よ! ──君のお父さんは、休日に「トド」になって、お母さんに邪魔者扱いされてないかい?

ラブコメも

ラブコメはどうかというと──

たとえば、「宇宙の帝王の娘である王女」が突然やってきても、全く動じることなく同居に応じられたのは、「リトパパ」が売れっ子マンガ家で、つまりはかなり稼いでいる、というところに注目して欲しいですね。

──はたして、「あなた」の家に突然「美人な宇宙人」や「血の繋がっていない妹」や「電影少女」がやってきたとして、受け入れられるだけの経済力は──ありますか? 清貧の時代は終わりましたよ……。

オチ

ということで、「ジャンプキャラは親の七光り」「恵まれた家庭」であることが多い、ということをふまえた上で──

「父親は平凡なサラリーマンで、貧乏な家庭に育った主人公が、いつの間にか格闘技の世界で頭角を現すようになる」

──なんてストーリィ展開は、ジャンプには新しすぎた! 場違いだった! ということですね。

なるほど。そりゃ突然、ファンタジィの世界にもなるはずです。ジャンプ的には「現実味がない」ということで。

タカヤ-閃武学園激闘伝 1 (1)

タカヤ-閃武学園激闘伝 1 (1)

  • 坂本 裕次郎
  • 集英社
  • 2005-11-04
  • ¥ 410
  • Book

あと、「父親が頼りない」というか、キモいマンガといえば、コレ。

ユート 1 (1)

ユート 1 (1)

  • ほった ゆみ、 河野 慶
  • 集英社
  • 2005-07-04
  • ¥ 410
  • Book

──「父親から才能を受け継いでいないジャンプマンガは、打ち切られ率が高い」という仮説が成り立ちそうな気が……。

この記事のタグ(偽)

[アイシーとか例外はあるよ][逆パターンは村雨くんとか……][母親は意外とあまりテーマにならない]

[2] このページの一番上へ戻る