asiamothの存在意義とは

『亜細亜ノ蛾』は『Horror & SF - Coco's Bloblog』内の今日の早川さん(というか帆掛さん)(むしろ帆掛さん)(何はさておき帆掛さん)を世に普及させるために更新を続けている、というのは#FF0000な嘘ですが。

今回は、面白いシンクロニシティがあったので、記事にしてみました。これからも、coco さんのプレッシャにならない程度に取り上げていこうと思います。

ARTIFACTの中の人が!

ARTIFACT ―人工事実―のはてな出張版(でもいつの間にかどちらが本家やら……)で早川さんが取り上げられていました!

ARTIFACT@ハテナ系 - Coco's Bloblogの「今日の早川さん」で早川さんを取り上げた同じ日、ARTIFACT@ハテナ系 - メモリ2GB積んでると言って自慢扱いされたかわいそうな絵描きさんという燃料(テンプレ)が投下されていました。

coco さんからの返答(?)

それに応えたのが、この作品──

Coco's Bloblog -  [今日の早川さん] 限度をわきまえてCoco's Bloblog - [今日の早川さん] 限度をわきまえて

──と思っていたら、

いつもお世話になっております。メモリ2Gのことは意識していませんでした。ホントだってば!

はてなブックマーク - Horror & SF - Coco's Bloblog 今日の早川さん 限度をわきまえて

とのこと。

帆掛さんの創造主、つまりは神、いわゆるゴッドであるところのcoco さんが「ホント」というなら、我々(主にasiamoth)は頷くか跪くか躓くか(さぁ辞書を引こう)、それしか選択肢はありません! (褒め殺しではないよ)

素敵なシンクロニシティ、ということですね。

「限度をわきまえて」の見所

何より、帆掛さんの髪留め(何ていうんだっけ?)のデザインに注目! 服装が可愛らしいかんじ(下がどうなっているか不明だが)なので、髪留めのドクロでホラー風味をプラス、というところでしょうか。

あと、三人とも立ち位置が変わらず、コピペのように見えて、三人とも表情が四コマとも違う、という細かさ。三コマ目の、それぞれの表情が「らしく」ていいですね。キャラが立っていますね。

──ドラマや映画だと、大げさな身振り手振りや音楽、カメラアングルなどで感情表現をしがちですが、マンガだとこういう押さえた表現ができる、といういい例ですね。

この記事のタグ(偽)

[今日は全体的にキモい書き方じゃね?][←帆掛教信者ですから][帆掛教はお布施(貢ぎ物)が高い……]

[2] このページの一番上へ戻る