ml-ent の紹介

妖精現実 フェアリアル - faireal.net で面白いツールが公開されていました。パーマリンクがない、または判らなかったので、トップページから探してください。

ml-ent v0.3: 謎のキー [ScrollLock] を活用してみましたw

2006年11月28日

ml-ent-0.3.zip

ml-entはクリップボード内のテキストをHTMLなどに適した形に置き換える小物ツール。 グローバルなキーボードショートカットを設定して使うと便利。

妖精現実 フェアリアル - faireal.net

まず何よりも驚きなのが「妖精現実の中の人って『w』(しかも全角)とか使うんだ!」……ではなくて、意外とこの手のツールがなかったような。クリップボードの中身を HTML に適した形式に変換するだけのツールって。

ml-ent の使い方

使い方は簡単で ml-ent.exe をクリックして起動するだけ(ショートカットやホットキーを割り当てておくと良い)。

妖精現実 フェアリアル - faireal.net

ということで、「<foo & bar>」をコピーしてから ml-ent.exe を実行すると、「&lt;foo &amp; bar&gt;」に変換される、というツールです。実行すると確認ダイアログだけが表示して、すぐに終了します。軽快な動作でグーです(できたらダイアログも表示しないともっと便利)。

うーん、じつは大昔にこの手の手軽なツールが見つからず、自作しようとして「──どうやって?」と挫折したことがあります。しかし、まだまだクリップボードをゴニョッとするツールは開拓する余地がありそうな予感(この記事の最後の方をご覧ください)。

Copy URL+ を使う方法

リンクを作成する場合は Firefox の拡張・copyurlplus を利用しています。

URL とタイトルをエンコードしてコピーする設定は、こんな感じ。

user_pref("copyurlplus.menus.2.copy", "<a href=\"%URL_HTMLIFIED%\" title=\"%TITLE_HTMLIFIED%\">%TITLE_HTMLIFIED%</a>");
user_pref("copyurlplus.menus.2.label", "リンク (HTML)");

ところで、Copy URL+ 1.3.2 には、すこし問題があります。

%URL_HTMLIFIED%とか%TITLE_HTMLIFIED%とか、或いはこの例の%SEL_HTMLIFIED%は、その文字列をいはゆる「HTMLエスケープ」してコピーする指定。でもこれ何故か「&」が「&amp;」ではなく「&amp;\1」になってしまって使ひものにならない。

海馬日記 - Copy URL+ 1.3.2の %*_HTMLIFIED% のコピー結果に塵が混ざる件

解決策は上記のページからどうぞ(中級者以上向け)。

自分の場合

Copy URL+ を使うのは同じですが、自分の場合は

user_pref("copyurlplus.menus.1.copy", "[%TITLE%](%URL% \"%TITLE%\")");
user_pref("copyurlplus.menus.1.label", "リンク (MD)");

こうやってコピーし、記事全体を Markdown 形式で書いています。んで、Markdown Web Dingus に張り付けてボーッと全体を眺め(←重要)推敲しています。

Markdown の場合、[hoge & fuga](http://example.com/index.php?hoge=1&fuga=1 "hoge & fuga") と書くと <a href="http://example.com/index.php?hoge=1&amp;fuga=1" title="hoge &amp; fuga">hoge &amp; fuga</a> に変換します。便利!

何かのコードを書く場合でも、行頭にタブ文字(または半角スペース 4 文字以上)を入れておくと、いろいろエスケープしてくれます。

js-markdown-extra

余談ですが、[暴満館] js-markdown-extra で Markdown の機能を拡張したスクリプトがあります。こちらは表組み(<table>...</table>)や定義リスト(<dl>...</dl>)にも対応しています。ちょっとところどころ本家と変換内容が異なっているので、様子見です……。

この記事のタグ(偽)

[《全角英数字》を《実態参照》に変換するツール、とか受けそう][←宗教上の理由で全角英数字が使えない人向け]

[2] このページの一番上へ戻る