前置き

spam 対策で、もの凄くスマートな方法を考えました。ひょっとしたら 2007 年のトレンドを先取り──の確率 5% くらい。例によって本文の末にその方法を書くとして、まずは(仕事中に思いついた)ネタをどうぞ。

様々な spam 対策

「spam 対策」というと、ほとんどが下記の 2 を実施している人が多いと思います。「spam が届いても表に出さない」という意味では対策ができていますが、レンタルサーバを借りている場合や自分でサーバを建てている場合、3 の方法で負荷対策を考えてみるのもいいと思います。

  1. 何もしない

    • 自然のままが一番! という(いいのかなー)

    • コトが起こったらその時に考える

    • 命名 : Dashi-Naka(ダシ・ナカ)法

  2. 各種フィルタリング

    • 受け取ったあとで spam かどうか判断(プラグインなど)

    • 後手に回るし、マチガイもあるよね

    • 命名 : Dom-Com(ドム・コン)法

  3. CGI リネーム

命名の意味は── - 赤さん - はてなセリフ

──はいはい、ネタ、終了。

あと、このネタの面白みがどうしても解らない人はsperm: Definition, Synonyms and Much More from Answers.com の発音(スピーカ画像をクリック)とか、ページ下部の日本語訳などを、どうぞご覧ください。── ママン と一緒にな!(まさに以下略)

ひょっとしたら流行るかも知れない spam 対策

えっと、至極単純明快すぎて、逆に導入されていないかも知れない方法。

Captcha Plugin などを使ってランダムな文字画像を生成し、その文字を入力すると、コメント投稿・トラックバック URL が表示される」

──な……何を言ってるのか わからねーと思うが、というか、 ガイシュツ だったら スマソ。

自分にとって「spam 対策」というのは、「spam ボットに CGI まで辿り着かせない対策」と同意です。上記の CGI リネームによって、ほとんどコメント CGI に辿り着くことはなくなりましたが、それでも アフォ なボットはやってきます。毎日更新すると、その度にコメントフォームの URL やトラックバック URL は変化しますが、一日前の無効な URL に バカタレ どもはまだまだ来ます。

──で、よくある Captcha テストを使ったコメントフォームは「コメントを入力した上でランダムな画像を入力すると投稿できる」というものです。Captcha テストの存在自体を認識できないボットは、コメント投稿することはほぼ無いにしても、「(人間でいうところの)Post ボタン連打」行為はできてしまうわけです。

だったら、コメント投稿者にとっては同じような手間で「先に画像の文字を入力し、正解ならコメント・トラックバックを表示」すれば、「にんげんさま」だけがそこまで行くことができるのではないか、と。

──うーむ、なにやらいくつも認識ミスがありそうな予感がしますが、誰かの何かのヒントになったら、いいな、と。

ref:

スパム防止策のCAPTCHAをJavaScriptで簡単に実装する (Jcap) - youmos というのもあるようです。190種類の認証用画像があらかじめ用意されていて、ランダムに表示される(!)とのこと。

[2] このページの一番上へ戻る