さよならは突然に

いつも面白い(けどちょっとエログロい)コロコロザイーガ学園livedoor Reader で見ていたら、こんなビックリ記事が。

2006年12月12日午後未明、大人のザイーガは大人の事情を持ちまして閉鎖の運びとなりました。

コロコロザイーガ学園 【お知らせ】大人のザイーガ、大人の事情により閉鎖

工エ エ ェ ェ(´д`)ェ ェ エ エ工

ということで、ザイーガにアクセスしても見られなくなりました……(2006-12-12T22:49:40+09:00 現在)。

上記の記事を読むと、復活の予定はあるそうですが──どうするんだろう? パルモ先生の記事をひとつひとつ保存している人でもいるのだろうか? 各種アーカイブサービスから集めるのかな?

2006-12-16T22:09:31+09:00 追記

復活してました! パチパチ。

ザイーガ:【お知らせ】ザイーガ再開のお知らせ

ウチでもありました

突然の閉鎖ですが、事前に通知はあったようです。

スパムメールがうざすぎてずっと開いてなかったメールアドレスの方を開いてみたのなら、11月には死亡宣告がだされていたみたいで、それをうっかり見逃していたみたいです。南無。

コロコロザイーガ学園 【お知らせ】大人のザイーガ、大人の事情により閉鎖

実は、このブログでも似たような閉鎖騒ぎ(大袈裟)がありました。──まぁ、たんなる、レンタルサーバの更新料支払いのトラブルです。数日で復旧しましたが、メールチェックは重要ですな。

自分の場合、無用なトラブルを避けるために「ナイーブな方々」を刺激しないように、当たり障りのない記事を書いているので、削除依頼やら抗議の文面やらが届いたことはないです。将来に渡って、そういう「スルー力の無い面々」のことを思い、精進の日々です。非難や炎上とはなるべく関わらず、共感や一瞬の「ほう……」を得られるような記事を書いていきたいところ。

──いやまぁ、何があってザイーガ閉鎖になったか、正確なところは判らないけど。

まとめ

ということで、ザイーガ閉鎖の理由が不明なまま、「反社会的な記事に圧力がかかった」と仮定して。批評記事を書くときの心がけを載せておきます。

悪いものをけなすことに貴重な時間を費やさない。

結城浩のはてな日記 - 批評の心がけ

[2] このページの一番上へ戻る