• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

MT3.2 でも使える

MT のテンプレートをゴニョるとき(特に人様のコードをパクって改竄するとき)に <MTIgnore> タグをよく使います。これは簡単に言うとコメントのためのタグです。MT3.3 から導入されました。

自分はいまだに未練たっぷりでなかなか別れられない、というわけではないのですが、MT3.2 を使っています。同じ MT3.2 ユーザは、小粋空間: MTIgnore タグ で配布されているプラグインを、ありがたく使わせてもらいましょう。このプラグインを導入(plugins に put いんぐ)すると、MT3.2 でも <MTIgnore> が使えます。

使い方

使い方は簡単で、自分だけのために残したいコメントを <MTIgnore>……</MTIgnore> と囲むと、その部分だけは一切出力されなくなります。

例えば、従来の方法で

<MTEntries lastn="0"><!-- lastn="9999" とか許されるのは小学生までだよね -->

などと自分用に(本当かなぁ)「コメント」として書いても、公開する際にはしっかりと HTML コードの中に出力されます。ソースコードまでガン見するような、あなたの熱心なファンに、カッコ悪いコードを晒すことになるかも知れません(それってファンかなぁ)。

そこで、

<MTEntries lastn="0"><MTIgnore> lastn="9999" とか キモス (・ω・;)(;・ω・) </MTIgnore>

と書くと、(X)HTML に出力される際に <MTIgnore>……</MTIgnore> の部分は表示されません。これでようやく「自分専用のコメント」になりますね。

MT タグ、特にプラグインのタグには独特な記述が必要な場合が多いです。数ヶ月後の自分が見て悩まないように、普段からコメントを付けておくと、後々ラクかも知れませんね。

asiamoth 流

ちなみに自分は、

<MTIgnore><!-- **** ここからコメント
(ここにコメントを書く)
**** ここまでコメント --></MTIgnore>

という風に、改行したりしてなるべく目立つようにしています。完全に出力されないタグなので、こうしておかないと判りにくい!

また、要するに目立てばいいので、

<MTIgnore>⊂二二二(^ω^)二二二つ
(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)(゜∀゜)━━━━━━━━━━wwwww(ここにコメントを書く)メポ(<●><●>)
〓しょうこ〓</MTIgnore>

でも何でもいいわけです(いいのかなぁ)。

Ref.: しょこたん☆ぶろぐ

注意点!

(ここから先は 2007-03-10T13:39:19+09:00 追記)

みんな大好き「オラオラ」で、ちょっとした注意点が挙げられていました(oscar さん、ありがとう!)。

ref.: MTIgnoreというタグは万能コメントタグ?[0310追記] (オラオラ)

<MTIgnore></MTIgnore> で囲まれた部分でも、構文チェックは行われているそうです。

検証してみた

テストテンプレートを作成し、こんなやっつけ作業的コードを叩き込んでみました。

<MTIgnore>

<MTEntries lastn="9999"><!-- 1.0(?)風味の書き方 -->
  <MTEntryBody>         <!-- 全エントリィを出しちゃうよ! -->
</MTEntries>

<MTEntries all="1">     <!-- 2.0(?)的な書き方! -->
  <MTEntryBody>         <!-- こちらも本来なら全記事出力 -->
</MTEntries>

<MTHoge fuga="1">       <!-- エラーにならない -->
  <MTFoo bar="baz">そんなタグねぇよ!</MTFoo>
</MTHogehoge>           <!-- 意外とエラーにならない -->

</MTIgnore>

──結果、ほんの数秒で再構築が完了しました。エラーはなく、もちろん何も出力されていません。

しかし、たとえば</MTEntries>が抜けていたりすると、「タグを閉じていない」というエラーが表示されます。<MTHoge>タグなどは存在しないので、無視されます。

結論

  • <MTIgnore></MTIgnore>で囲まれた部分は出力されない
  • ただし内部の MT タグに関する構文解析は行われる
    • ──けど、よっぽど長く込み入ったコードでなければ大丈夫?
    • 構文エラーだけは注意!

[2] このページの一番上へ戻る