著作権について

さて。ちょう調子に乗って、動画ネタを 3 つも立て続けに紹介したわけですが──

──まぁ、サイト運営者としては、「当サイトは著作権の侵害を推奨するわけではありません」てきなことを、サイトポリシィとして掲げる必要があります。──が、リンク張って紹介した時点で、完全にアウトだよな。 X(

それで、いつも思うのが「著作権は大切だが、著作権が面白い作品を作るわけではない」ということ。

ルールブックと野球選手

これは──あれですね。「ルールブックを読んで野球選手になる人はいない」という話に似ています。

つまり、ルールは大切だが、人が野球を始めるのはルールブックを読んだからではなく、イチローや松井に憧れるから。みたいな(付き合いで始める方が多い、というのは置いておく)。

『陰陽師は大変なものを盗んでいきました』の場合

例えば、この説明不要のコラボ動画。

ニコニコ動画(β) | 陰陽師は大変なものを盗んでいきました (YouTube)

この動画の公開後、『豪血寺──』の CD 化が決まりました。

なぜに今頃CD化かと申しますと、ボーカルが全て一般の方なので口説き落とし、全ての歌の収録完了に大変時間がかかってしまいました。(申し訳ないです。)

新・豪血寺一族 -煩悩解放-<フルコーラスバージョン>

Via: ー`)<淡々と更新し続けるぞ雑記。ωもみゅもみゅ

また、イオシスショップでは『魔理沙は大変なものを盗んでいきました』を収録している『東方乙女囃子』が売れているようです。

たかだかそれだけの事例で「だから、もっとこういった動画サイトで、どんどん著作物を取り上げるべきだ(売り上げの貢献にもなるから)」という結論は引き出せませんし、そんな主張をするつもりもないですが──

──自分が言いたいのは、こういうことです。

「著作物を守る法は遵守すべきだが、『とかち』とか『陰陽師──』といった面白い作編が見られるなら、著作者に還元されるような方法で、お金を出してもいい」

現状、上記のことは実現が難しいと思います。おそらく不可能に近いかもしれませんが、「とにかく面白いものが見られるなら、お金を出してもいいお」という人はたくさんいると思います。なんとか実現するといいのですが──。

──あ、それ以前に「自分の著作物を勝手に配布されたり、改変されるのが気に入らない!」という作者もいるのか……。ううむ、いつもながら考察不足。

[2] このページの一番上へ戻る