• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

小飼弾さんの発言

小飼弾さんのブログで、「24 時間以内に書評」という発言が書いてありました。てっきり「24 時間以内に読んで、書評を書く」という意味かと思って、軽くイナバウった(のけぞった、の誤用と思われる)のですが──

24時間以内に書評するという約束をしたので、早速。

404 Blog Not Found:書評 - クチコミの技術

──実際に読み終わるまでに10分もかかりませんでしたとのこと!そ、そりゃー、それくらい早く読めれば、毎日毎日書評もできるよなぁ……。スゴス。

ということで今回は、弾さんのちょう速読っぷりを紹介します。あと、なぜか寺田克也さんも出てくるよ!

photo
クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング
コグレ マサト いしたに まさき
日経BP社 2007-03-21
楽天市場 : クチコミの技術

SEO SEM Technique vol.1 ネットで稼げるコピーが3日で書ける! セールス文章実践ドリル チーム・キットカットのきっと勝つマーケティング―テレビCMに頼らないクリエイティブ・マーケティングとは? Web2.0時代のネット口コミ活用book―バズ・マスターになるための50のテクニック 頭がよくなる照明術

by G-Tools , 2007/03/24

『クチコミの技術』の公式サイト

『クチコミの技術』の公式サイトができていました。本書の内容に相応しく(まだ読んでないけど)、ブログになっています。

クチコミの技術――広告に頼らない共感型マーケティング:書籍の公式ブログ 日経BP社クチコミの技術――広告に頼らない共感型マーケティング:書籍の公式ブログ 日経BP社

トラックバック URI などを見ると、Movable Type で作られているようですね。

10 分以内で読破、の動画

さて、いよいよ「10 分もかからずに」の詳細です。本書の公式サイトと、著者のお二人のブログに動画が掲載されています。3 ページとも、同じ動画ですね。

──え?いや、読んでる?というスピードですね!「速読」というより「瞬読」とでも呼びたいくらい。途中、明らかに一瞬しか見ずにめくっているページがありますが、それがどんなページか、本書と見比べてみたいです。写真だけ、とかかな……。

しかし、どの本もこれくらいの速度で読んで、毎日あの書評を書いているのなら凄いな……。弾さんの頭の中で、どやって見えているか、知りたいです。

寺田克也氏のインタビュー記事

動画を見て誰でも気付くのが、本を読みながら会話もしていること。自分は一冊読むのに、(例えば森博嗣氏の「S&M シリーズ」で)最短でも 5 時間くらいはかかるのですが、読んでいる間に誰かと話すなんて、とてもじゃいないけど無理ですね。簡単な受け答え、「コーヒーいる?」くらいならできますが。

で、ちょっと思い出したのが『季刊コミッカーズ』に載っていた、寺田克也氏のインタビュー記事。

イラストのメイキングとインタビュー記事、という二部構成だったのですが、実はイラストを描きながらインタビューにも答えていた、という!

何も用意せずに、タブレットのペンを握って、約 5、6 時間で完成!しかも延々とインタビューに答えながら。極めて強靱である。

『季刊コミッカーズ』 1999 年夏号「デジタル・スタイル」 p.12

そのインタビュー記事というのが、2 ページに渡ってびっしりと、寺田克也さんの過去を振り返っています。とても、イラストを描きながら答えた、とは思えないほど。

「絵を描く」ことについての考え方など、氏のファンならずとも読んで欲しい、いい記事です。ただ、改めて読んでビックリしたのが、1999 年に出たんですよね!──な、なんとかオークションで探してくださいな。

寺田克也氏のイラストとインタビュー、といえば『ペインタボン』が手に入りやすいですね。この本は何度も読み直しています。語り口が柔らかで、読みやすいです。

「映画を見ているときは、自分が主人公になった気分になる」みたいな感じで、読んでいるときは、絵が上手くなった気がします。── オレダケ?

photo
ペインタボン!
寺田 克也 伊藤 ガビン
ラピュータ 2002-07
楽天市場 : ペインタボン!
ビーケーワン : ペインタボン!

寺田克也全部―寺田克也全仕事集 寺田克也ラクガキング Drawing the Living Figure カバー・ガールズ カプコンデザインワークス

by G-Tools , 2007/03/24

「──なぜトートツに寺田克也?」という感じですが、小飼弾氏と寺田克也氏を並べる人も他にいないだろう、ということで。「右脳派」でまとめるのは、乱暴すぎ?

[2] このページの一番上へ戻る