• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

フリーラインスケート

「フリーラインスケート」は、スケボー2.0!? (動画) : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン)で紹介されていた、「フリーラインスケート」が面白そう。

Freeline フリーラインスケート公式サイト ad

日本の公式サイトに、フリーラインスケートの説明があります。

スノーボード・サーフィンオフトレのフリーラインスケートスケートボード・スノーボード・インラインスケート、そしてサーフィンの感覚を全てコンパクトに詰め込んだフリーラインスケート。携帯性抜群で手のひらサイズのフリーラインスケートは場所を選ばずに横乗りを楽しめます。

フリーラインスケート公式サイト│スノーボード│スケートボード│インラインスケート│サーフィン感覚で乗る次世代スケートボード

そう、第一印象からインラインスケートや、靴底にローラがついた靴(なんて言うんだっけ?)を連想しますが、実際のスタイルはスケートボード同様、「横乗り」です。

フリーラインスケート ad

楽天で「フリーラインスケート」を検索

乗り方講座

公式サイトで、動画を利用して基本的なテクニックが紹介しています。

フリーラインスケート乗り方講習 ad

フリーラインスケートは一体型の金属でできているため、3000 ポンド(約 1360kg)もの重量に耐えるほど頑丈にできているのが特徴とのこと。

自分は昔、スケボーをやっていました。スケボーは「乗る」ことは誰でもできますが、フリーラインスケートは、まず乗るところからバランス感覚を要求してきますね。初めてローラースケートやインラインスケートに乗るような感じでしょうか。

さらなるテクニック

中・上級者用フリーラインスケート講習 adのページでまず注目して欲しいのは、上り坂を登っているところ。スケボーだと、ひたすら足でこぐ(こぐって言うのか?)しかできない(と思う)上り坂でも、上半身を使ったテクニックやスピンを楽しむことができます。

スケボーのオーリー(板ごとジャンプ)に代表されるような、派手目のテクニックよりも、身体全体を使った動きや回転が特徴ですね。様々なテクニックを組み合わせて、自分なりのスタイルで乗る、いわゆる「フリースタイル」が中心です。

まだまだ新しいスポーツなので、これから生まれるテクニックもありそう。アイデア次第で、自分なりに楽しめるのがフリーラインスケートの面白いところですね。

屋内でも楽しめる

SELECT GARAGE TAJIMA: フリーラインスケートは、ホイールキャップやカー用品のセレクトショップなのですが、自転車やフリーラインスケートも扱っています。リンク先の下部に動画があり、「車 1 台分」のスペースで楽しめるそう。

スケボーはもちろん、スノーボードやサーフィンなら絶対にできないような、狭い室内でも楽しめるのが、フリーラインスケートの魅力的なところ!家でコッソリ練習してからデビュー(?)するのもいいでしょう。

[2] このページの一番上へ戻る