livedoor Reader が快適すぎる

今回は「ブログも ldr くらい快適に見る方法」というアイデア、というか願望です。

いつも見ているサイトで紹介されたページが、少しでも気に入った内容であれば、どんどん ldr(livedoor Reader)に登録しています。──最近では、気に入っていなくても、即 ldr。おもしろいサイトかどうかは、後で判断するようになりました。

ldr に登録したばかりのサイトは、とうぜん未読ページばかり。サイトによっては、ldr の最大値である 200 もの未読記事があります。自分の場合、「表示設定」で「記事の表示件数」を 50 にして、「過去記事の表示件数」を 20 にしています。最初に多めに表示させて、面白かったら過去の記事も順に読んでいく、という具合。

200 件の記事を 10 分で消化

ldr だと、200 件の記事を「消化」するのはほんのわずかの時間で済みます。

大体、5 分から 10 分もあれば十分。気になった記事は「ピン」を付けて、後からまとめてチェック。ピンの数や記事の面白さに応じて「レート」を変更し、面白い記事は「はてなブックマーク」に登録。──と、ここまでやっても、30 分もあればそのサイトを「しゃぶり倒す」ことができます。まぁ、こんな短時間では面白さをすべて知り尽くす事ができない、という超弩級なサイトもありますけどね(できればもっと増えて欲しい)(というか、このサイトがそうなりたい)。

ブログも ldr 並に

そこでいつも思うのが──「ブログも ldr くらい快適に見られたらいいのに」ということ。

「Pagerization」という Greasemonkey スクリプトで、一部は実現しているので、もっと広まるといいなぁと思います。

Pagerrization

Pagerization のダウンロードはこちら。

Pagerization - General Auto Pager ? Userscripts.org

作った方は id:ofk さん(本文の下のほうをFade Outしてフッターを際立たせる方法 | S i M P L E * S i M P L E みたいなデザインが格好いい)。

?D of K?D of K

これは、該当ページの「続き」をスクロールするだけで表示するスクリプトです。たとえば、Google の検索結果で「次へ」を押さなくても、スクロールすると次々に検索結果が下に現れるようになります。調べ物をするときに、もの凄く便利です。

対応しているページは、下記のテキストファイルをざっくりご覧ください。

Pagerization: siteinfo.v4.txt

「はてな」にも対応!

「はてなダイアリー」や「はてなブックマーク」に対応しているのがうれしい!よく、面白い日記を見つけても、「前の 1 日分」という文字を見るとガッカリ、という事があります。そこが 1 日に 1 記事しか書かないところだったりすると……。この、閲覧者からすると困ったサイトでも、Pagerization を使えば楽に過去記事を見る事ができます。

JavaScript、というか XPath を理解できれば、対応ページを増やす事もできます。(X)HTML 構造が同じブログサービスだったら、いくらでも簡単に対応できそうな感じ。もっと広まって欲しいなぁ(お前が作れよ、というツッコミ)。

ブログに Pagerization

それで──おそらく、このページャ機能は、グリモンじゃなくても JavaScript だけで再現できるはずなので、ブログのテンプレートに埋め込んだり、もっと簡単に導入してもらうために Movable Type のプラグインを作る、という事もできそう。

どうですか>エロイ人

──ただ、そうなってくると「サーバへの負荷」が問題になるでしょうね。閲覧者ひとりが何十ページもサクサク見る、という事を考えないといけないわけです。──そこまで考えると、「もっと広まる」のも考え物ですかね……。

[2] このページの一番上へ戻る