• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

カンヌで『大日本人』

印刷工・松本人志と映画監督・松本人志 : 亜細亜ノ蛾 でさりげなく紹介した、ダウンタウン・松本人志監督作品、『大日本人』がカンヌで酷評を受けた、というニュースを読みました。

痛いニュース(ノ∀`):松本人志ショック、カンヌで"強烈洗礼"「監督の才能ないのでは」との声も

──まぁ、ソースは 2 チャンネルだし、ソースのソースは ZAKZAK だしなぁ……。まだ個人ブロガが現地から伝えてくれた方が信頼できそうな印象。

まぁ、先日書いた、森博嗣さんの中古販売の著作品についての記事同様、「なにをやっても書いても、注目される人は注目される」ということですね。そして、一部の心ない人から叩かれやすい。

森博嗣氏の「中古品の著作権」について : 亜細亜ノ蛾

森博嗣氏の「中古品の著作権」補足記事 : 亜細亜ノ蛾

なにせ、現地の一部から厳しい声も聞こえてきたくらい、どんな名作でも起こりそうな事なのに、なんかメッキが剥がれてきたみたいなことを言うひとがいますからね。なんというか、もの凄く「行間を読む」というか言ってないことを読み取るマンが大増殖中ですね……。

世間の評価は別として、自分の目で頭で、早く味わいたい作品です。

松本人志 第1回監督作品 大日本人 公式サイト

[2] このページの一番上へ戻る