• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

Fast look up goo

超絶便利な GreaseMonkey スクリプトを紹介します。

gan2 の Ruby 勉強日記 - 選択した文字でgoo辞書を引けるGreaseMonkey

タイトル通りなスクリプトで、使い方も簡単。

使い方は、日本語文字を選択するだけ。

そうすると、ページ下にgoo辞書の検索結果がポップアップで表示される。

消したいときはどこか適当なところをクリックでOK。

gan2 の Ruby 勉強日記 - 選択した文字でgoo辞書を引けるGreaseMonkey

ちょっと意味の分からない単語があっても、調べるのに手間がかかると「──ま、いっか」で済ましてしまいがち。このスクリプトは手軽に使えるので、少しでも認識の怪しい単語があったら、積極的に調べています。

グリモンファンやブロガ、日本語マニアは必携のスクリプトですね(日本語マニア?)。

Fast look up ALC

英単語は、下記のスクリプトで同じように辞書を引く事ができます。こちらも併せて使うと、ちょっと自分の世界が広くなった感じがします。

Dec 03 2006 :: 英和辞書ひきまくる Greasemonkey スクリプト / nulog, NULL::something : out of the washer

Greasemonkey

そもそもグリモンってなんなの? という方はこちらをどうぞ。

はてなグリースモンキー - グリースモンキーの使い方

[2] このページの一番上へ戻る