• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『コラテラル』

コラテラル / COLLATERAL コラテラル / COLLATERAL

コラテラル - Wikipedia

『コラテラル』は、主人公がヴィンセントという殺し屋で、トム・クルーズがこの悪役を演じる、というのが特徴の映画です。

もう一人の主人公はジェイミー・フォックスが演じるマックスで、タクシー運転手役。彼が、たまたま乗せたヴィンセントの犯罪行為に「巻き添え(collateral)」を食う、その過程で二人が変わっていく、というのが見どころです。

一晩の内に起こった話なので、夜のシーンばかり。しかも大半がタクシー内での男二人の会話。──という、一見すると地味な印象ですが、派手なアクションもあり、二人の演技も見事で、会話も洗練されている。たっぷり楽しめる二時間でした。

この手の話は、最後は殺し屋が改心する、というのがいつものパターンですが、はたして──。

photo
コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
トム・クルーズ ジェイミー・フォックス ジェイダ・ピンケット=スミス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2006-04-21
楽天ブックス: コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション
Yahoo! ショッピング: コラテラル スペシャル・コレクターズad

ユージュアル・サスペクツ M:I-2(ミッション:インポッシブル2) バニラ・スカイ スペシャル・コレクターズ・エディション ミッション:インポッシブル M:i:III

by G-Tools , 2007/08/04

気になるところ

『ロサンゼルス・タイムズ』紙はこの映画を「完璧」と評したそうだけれど、いくつか気になるところが。

まず、ヴィンセントはプロの殺し屋として「依頼主のボスにさえ自分の顔を見せていない」という割には、あまりにも多くの人に目撃されています。はっきりと殺しの場面を見られたわけじゃなくても、目撃証言を集めれば、モンタージュの作成くらいはできそう(もちろん、偽名・変装の可能性あり)。

さらに、「仕事」中に派手に撃ちまくっているのも気になる。いくら「無関心の街」とはいえ、さすがにこれだけ銃声が聞こえたら、人が集まってくるでしょう(描写がないだけで、そのたびに殺していた、とか?)。

──という感じで、いくつか首をひねりたくなる所がありました(FBI と警察のグダグダ具合とか)。

仕事中なのに、ヴィンセントがマックスをジャズクラブへ誘う、という場面もびっくり。殺し屋としてはありえない行動です。しかしその意味がわかり、納得。ヴィンセントの非情さが際立った、いいシーンでしたね。

「collateral」とは

タイトルの「collateral」は、劇中では「巻き添え」、つまりマックスの立場を指しています。

しかし、他にも「担保」「見返り物件」などの意味があります。この話でヴィンセントが、そしてマックスが何を差し出し、何を得たか──そこまでタイトルに込められている、と思いました(英語戦闘能力: 5、なので当てにしないように)。

スペースアルク:英辞郎検索結果 - collateral

マックスに夢があるを知ったヴィンセントが、「お前は本気でやろうとしてない」と噛み付くのが、一番印象的でした。

ヴィンセントは、自分の仕事を達成するために最善を尽くしている、だからこんな事が言えるのだ、という態度にも取れる。

しかし──ちょっと思ったのが、ヴィンセントは夢があるのにそれを追わなかった、かつての自分をマックスに見ているのでは、と。

ドラマで見てみたい

ヴィンセントやマックスの過去が見たい、と強く思いました。

あらすじだけを見ると地味に終わりそうな話を、これだけ魅力的に描けるのは凄いです。

ヴィンセントが、なぜここまで非情になったのか。それだけでもう一本、作品が作れそうですよね。マックスが過去に乗せた客の話とか。

(余談だけどこの手の過去話で、「じつは過去に二人は出会っていた」というのは、自分は興ざめするタイプ)

もしくは、TV ドラマにしても面白そう。脚本がよければ、3 シーズンくらいは見てみたい。

ヴィンセントは語る

最後に、そんな愛すべき殺し屋、ヴィンセントの名セリフを二つ引用します。

「親は自分の欠点を子供の中に見いだして、その欠点を咎めるんだよ」

「『いつか夢がかなう』と? ある夜、目を覚まして気付く。夢はかなうことなく、自分が老いたことを。お前は本気でやろうとしてない。記憶のかなたに夢を押しやり、昼間からボーッとテレビを見続ける(……)」

[2] このページの一番上へ戻る