• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『フロム・ヘル』

... フロム・ヘル ...フロム・ヘル 公式サイト

フロム・ヘル - Wikipedia

Yahoo!映画 - フロム・ヘル

これは、「見て得するホラー・ベストテン」の投票を募集したら、確実にランクインしそうな作品です(ホラーにとって、「見て得する」というのは褒め言葉じゃないけど)。ホラーは恐いからあまり見ない、という人にこそ見て欲しいです。

舞台は、霧煙る 1888 年のロンドン。──と、ここでピンとくる人も多いと思いますが、そう、かの有名な切り裂きジャックが出てきます。といっても主人公は、切り裂きジャックを追う警部で、ジョニー・デップが見事に演じています。

最期の方までジャックの正体は明かされないため、ミステリィ物として見ることもできる、贅沢な作りです。

事前に、切り裂きジャック - Wikipedia を見ておくと、より楽しめるかもしれませんね。

photo
フロム・ヘル (新生アルティメット・エディション)
ジョニー・デップ ヘザー・グラハム イアン・ホルム
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2007-05-18
楽天ブックス: フロム・ヘル

フェイク エクステンデッド・エディション 妹の恋人〈特別編〉 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド コレクターズ・セット (初回限定) ナインスゲート デラックス版 耳に残るは君の歌声

by G-Tools , 2007/10/05

切り裂きジャックの正体

かなり大胆なジャック像で驚きました。そして、犯行の動機が、もしも真実に 1% でも近かったら公開は無理だったかも、という内容なのです。

舞台を日本に置き換えると、もう何があっても映画公開は無理でしょうね(と書くとネタバレかな)。

また、いよいよジャックの正体が明らかになった後、馬車で移動するジャックの「目」が、鬼気迫る感じで恐いです。

しかし、そのあと、急に B 級ホラーっぽくなるのが、ちょっと笑いました。アニメで言うと「作監(作画監督)変わった?」みたいな。

ワトスン

ジョニー・デップが演じるフレッド・アバーライン警部は、冒頭からいきなりアヘン窟でご機嫌になっている、というぶっ飛んだ設定です。

その後もしばしば薬物に手を出したり、そうかと思ったら、捜査ではずば抜けた洞察力を発揮したり──。

また、彼の助手役が、実にいい演技をするのです。舞台がロンドンであることから考えると、ホームズがモデルになっているのでしょう。

シャーロック・ホームズ - Wikipedia

助手役の人は、ラストまでいい味を出していますよ。要注目です。

ホラーらしく

全体的に、幻想的な霧の街の雰囲気が良く出ています。

当時のロンドンを考察して再現したらしいのです。当時はものすごく貧しく、夜は娼婦ばかり(もちろん、映画の都合上でもあるのだろうけど)。それなりに活気がある街なので、おどろおどろしい怖さはありません。

しかし、寂しい裏道に入ったとたん、ホラーに相応しい舞台に一変します。ジャックの独擅場(どくせんじょう)ですね。

一番恐かったのは、ジャックの最期の姿です。やはり、恐いのは人間。人間の群衆心理ですね。

[2] このページの一番上へ戻る