• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『007 カジノ・ロワイヤル』

007/カジノ・ロワイヤル - オフィシャルサイト007/カジノ・ロワイヤル - オフィシャルサイト

007 カジノ・ロワイヤル - Wikipedia

Yahoo!映画 - 007/カジノ・ロワイヤル

本作品は、おなじみの 007 シリーズ 21 作目です。6 代目 ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)が初登場します。

ジェームズ・ボンド - Wikipedia

前作、『007 ダイ・アナザー・デイ』までとは、かなり異なるジェームズ・ボンド像で驚きました。《M》が前作までと同じジュディ・デンチなのが、逆に違和感を覚えたくらいです。

007 シリーズといえば、スタイリッシュなセリフと映像で、格好良く任務を遂行し、ボンド・ガールといちゃついて終わる、というのが定番。今回は冒頭から泥臭いアクション(見応えはある)だったり、ボンドが血みどろになったり、死にかけたり──。なにより、ボンドが金髪マッチョ! というのが、一番違和感がありましたね。

──とはいえ、それは自分だけの主観。世間では、本作品は 007 シリーズの最高傑作と評価する声が多いらしいです。

いまだに、ショーン・コネリーの 007 がしっくりくる、自分の感覚が古いのでしょうか……。

photo
007 カジノ・ロワイヤル (初回生産限定版)
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ マーティン・キャンベル
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-23
楽天ブックス: 007 カジノ・ロワイヤル

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) デジャヴ 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) スパイダーマンTM3 デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) (初回限定豪華アウターケース付) ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)

by G-Tools , 2007/10/14

新生 007

くわしくは、007 カジノ・ロワイヤル: 映画 - Wikipedia の「表示」を見て欲しい(ネタバレあり)のですが、本作品は意欲的に「新しい 007 シリーズ」にしようと取り組んでいます。自分にはまるで別シリーズに見えたのは、これが原因ですね。

さらに、核心に触れないのでネタバレしますが、じつは『カジノ・ロワイヤル』は、今までのボンド映画とは別の、新ボンド映画の1作目だったのです。

──って、え !? そんなこと劇中で描かれていた? ──というのはオレと同じうっかりさんで、冒頭ではっきりと、ジェームズ・ボンドが 00(ダブル・オー)に昇格した直後である、というところから推測できたわけです。オープニングから、いきなり 007 シリーズらしからぬ始まり方なので、ボケてました。

アクション・シーン

冒頭の、長時間にわたるアクション・シーンは、自分の感覚では「007 らしくない」のですが、かなり見応えあります。

どのあたりが 007 らしくないかというと、なんというか「全身の筋肉がはち切れんばかりに、走る、飛ぶ、スポーティなジェームズ・ボンド」というのがどうも……。

ボンドが追いかける黒人の男がまた、ものすごい身体能力を見せてくれます。人間にこれほどのパフォーマンスができるのか、というくらいで、アクション・ゲームを見ているみたいでした。ストーリィ上、あっさりと退場するのですが、ちょっと惜しいですね。ジョーズのように、何度も出てくる殺し屋役がよかったかも。

複雑なストーリィ

本作品が 007 シリーズらしくない、もう一つのポイントとして、ストーリィが複雑な(ように見える)ことなんですよね。

いや、あらすじだけを書くと、

「悪者のボスが、ジェームズ・ボンドのせいで大損し、カジノで負けを取り返そうとする」

──と言うだけなんですが。

後半で、大どんでん返しがあります。と書くとネタバレ丸出しなんですが、すぐにはわからないトリックが仕掛けられているので、これから見る人は、だまされないように身構えて見るといいと思います。──きっと、騙されるから。

本作品の最大のトリックは、単体で出てくると「あ、やっぱり」なんですが、それがバレないように何重にもトリックをコーティングした結果、複雑に見えるストーリィになった、という印象です。

ヒロインがツンデレ

また、ヒロイン(ボンド・ガール)がツンデレキャラである、というのも今風なんでしょうか(今までがどうだったか覚えてないけど)。

ヒロインのヴェスパー・リンドを演じたのは、エヴァ・グリーン(グレインが正しい発音)。何度も見た記憶がありますが、映画出演はまだ少ないです。モデルとして見る機会が多いのでしょうね。

エヴァ・グリーン - Wikipedia

繰り返しますが、ヴェスパーのツンデレぶりがすごい。いや、人によっては「ツンではない。笑っているじゃないか」と言われそうですが、「顔は笑いながらも心は三千里先」みたいな鉄壁ぶりです。そうそう、オトコって、こういうオンナに弱いんだよなー、と(それに見合う美貌があってこそだが──ゲフン、ゲフン)。

そして、後半で見せるデレもまた、すごい。なにしろ、かのジェームズ・ボンドが──。ぜひとも、続きは映画でご覧ください。

[2] このページの一番上へ戻る