• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『フレディ VS ジェイソン(Freddy Vs. Jason)』

いわゆる「スタローンとジャン・クロード・バンダムはどっちが強い?」(by. プッチ神父 @『ストーンオーシャン』)な映画です。

ref.: ストーンオーシャン - Wikipedia

「子供が遊びで話す」ようなことを、大の大人が寄って集(たか)って、「こんなん出ましたけど」的に作り上げた本作品は──抜群に面白かったです。

フレディとジェイソン、両方のクリーチャーのファンに向けた映画で、ホラーというよりもエンタテインメントとして楽しむのが正解ですね。

基本的に、観客をイラっとさせるような「おバカさんから殺される」親切設定(?)。──なのですが、そこはそれ、ホラー映画界の大物が二人も出ているので、「え、この人も殺されるの !?」というビックリ展開が面白いです。

始めから終わりまで、じつにホラー映画らしい作りで、テンポも良く、最後まで飽きさせない映画です。よっぽどホラーが苦手とか、「フレディ? ジェイソン? ──誰?」な人以外は、見ても損はしないはずです。

また、この映画のタイトルを聞いて、真っ先に思い出すのが『エイリアンVSプレデター(Alien vs. Predator)』。なんと、『エイリアン 5』と『エイリアンVSプレデター』の続編が出るそうで、こちらも楽しみです。

エイリアンVSプレデター - Wikipedia

photo
フレディ VS ジェイソン
ロバート・イングランド ケン・カージンガー モニカ・キーナ
アミューズソフトエンタテインメント 2004-03-26
楽天ブックス: フレディvsジェイソン

ターミネーター 3 プレミアム・エディション 13日の金曜日 PART2 エイリアンVS.プレデター 1枚組 通常版 ホステル コレクターズ・エディション 無修正版 ホーンテッドマンション 特別版

by G-Tools , 2007/11/07

ヒロインについて

──と、ほめた直後にいきなり苦言を書きますが……。

えっと、たとえばマンガって、ほとんどがヒロインは一番可愛い女の子、じゃないですかぁ(急になれなれしく)。それが王道というか、「そうじゃない人」を中心にされても、ちょっと困るというか。

──つまり、そういうこと。

本作品のヒロイン役の人は、悲鳴をあげる顔が愛らしいお人形さんみたいで、ちょっと……(言っちゃった)。アメリカではイケてるお顔、なのでしょうか?

始めのほうに、ほとんど唯一のお色気要員として、主人公の友達のシャワー・シーンがあって、ここが短いながらも見どころなんですよ!(力説) なんというバディ──!

ということで、この、主人公の友達をヒロインにして欲しかった……。無意味に切られて、服がはだけたりとか……(それジャンル違う)。

ケリー・ローランド

なんというか、人間側はマイナ(minor)なキャスト(失礼)の中、(元)デスチャのケリー・ローランドが出てる! え、なんで? と言いたくなるくらい、場違い感たっぷりです(黒歴史っぽいなー)

デスティニーズ・チャイルド - Wikipedia

そしてそのケリーは、とにかく扱いが酷いです。なんと、ジェイソンと●●させられそうになったりして、ファンは怒っていいと思う。

さらに、歌手として TV に映っている時にはあんなにキレイなのに、本作品では「たんなるケバいおねーちゃん」みたいなメイク(しかも後半はメイクがドロドロ)になっているのが残念。

しかも最後に──。

ジェイソンは空気読めない子

本作品で一番面白かったのが、ジェイソンが KY(空気読めない) ところ。

ストーリィが進むと、

「フレディは根っからの悪人」「ジェイソンは可愛そうな子供(だった)」

という流れになります(フレディって、子供がいる親御さんたちから見ると、嫌悪の対象ですよね……)。

そこで、人間側の主人公たちが「フレディを倒すために、ジェイソンの力に頼ろう」という展開になり、「フレディ・クルーガー対ジェイソン・ボーヒーズ」という状況に持っていくわけですね。

ここまで来たらもう、「ジェイソンが人間の味方になって大活躍」、となってもいいような雰囲気。しかし──……

ジェイソンは、やっぱりジェイソンだった

ストーリィの流れとか雰囲気とか、「そんなの関係ねぇ」とばかりに、「触るものみな傷つけた」ジェイソン。ばっさばっさ斬り殺される人間たち。く、空気嫁よ……。

しかしまぁ、ここでジェイソンが「みんなの仲間」になったら、ダメダメでしょうね。そういう意味では、うん、アリかな(友達たちには、合掌)。

そんなわけで、フレディもジェイソンもやりたい放題の中、最後はホラー映画らしく締め、めでたしめでたs ──なわけはなく、残された人間たちは、今後も悪夢に苦しむのでした……。

(まぁ、続編作る気まんまんだよね)

[2] このページの一番上へ戻る