• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『21グラム』(21 Grams)

──いやはや。久しぶりに「やっちゃった」な映画でした。

豪華なキャストで、それぞれが最高の演技を魅せてくれるのですが、脚本と演出が残念な感じ。いや、正確には、演出のせいで脚本の善し悪しが わからなかった、という感じです。

というのは、作中に(広義の)カットバックが何度も起こるのですが、これが、まったく映画の雰囲気を台無しにしているのです。この演出のせいで、「ミステリィなのか?」と途中まで勘違いしていましたが、それもマイナス要因ですね。

タイトルの「21 グラム」の意味も、何となくわかったような わからなかったような……。

ただひたすらに、俳優・女優の演技を楽しむための映画、と割り切ってみるなら、お釣りが来るくらい素晴らしい演技が見られます。とくに、三人の女優の、演技を越えた狂気と来たら……。

photo
21グラム
ショーン・ペン ナオミ・ワッツ ベニチオ・デル・トロ
東北新社 2006-05-25
楽天ブックス: LOVE!シネマ2500::21グラム

アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション バベル スタンダードエディション マルホランド・ドライブ ユージュアル・サスペクツ リトル・ミス・サンシャイン

by G-Tools , 2008/01/08

男性陣の迫真の演技

さすがにベテランばかりなので、素晴らしい演技が見られます。

なかでも、ベニチオ・デル・トロの後半の演技に注目です。銃を向けられ死を覚悟するシーンは、見ているほうも恐ろしくなるくらい、画面から恐怖が伝わってきます。

それに──彼が演じるジャック・ジョーダンという男の半生を思うと、なんとも 遣り切れない気持ちになりますね。自分が彼だったら──と考えると、途中で めげてしまいそう。けっして、彼の過去は ほめられたものではないですが、途中で応援したくなりました。

心臓移植手術を受けた男、ポール・リヴァースを演じたショーン・ペンの演技も良いですね。正直、彼は「暴力をふるう夫」というイメージが あるのですが、本作では自身と妻の心を傷つけながらも、必至に生きようとする男を熱演しています。

──まぁ、途中で、ある女性を誘うシーンがあるのですが、ちょっとキモイ(笑) でも、ここで見せる笑顔が、不器用な感じで好印象でした。

女性陣の鬼気迫る演技

さて──、三人の妻たちは、全員 鬼気迫る感じで怖かったですよー。

シャルロット・ゲンズブールが演じたメアリー・リヴァースは、心が離れつつある夫よりも、「あること」に執着しているのですが──。「あること」が達成できても、はたして彼女が幸せになれるのか、疑問です。

それでも盲進(猛進)を続けるシャルロット(の演技)は、ちょっと狂気が垣間見えます。未婚の自分には、ちょっと理解しがたいくらいの執着心で、怖かったです。女って……。

未亡人になったクリスティーナ・ペックを演じるのは、ナオミ・ワッツ。ナオミ・ワッツはナオミ・ワッツゆえに、キレイです(おいおい)。

しかし──。後半で、この悲劇のヒロイン豹変する──というか、化けの皮がはがれる というか、とにかく「え、いままでのキミは どこへ行ったの?」という変貌ぶり。女って……。

マリアンヌ・ジョーダン(メリッサ・レオ)の夫を かばう姿は、まだ理解の範疇です。──まぁ、流れ(笑)で「夜中に車を洗っているシーンが怖い」と言っておきましょう(ギャグです)。

ただ、彼女の「家族 >>>>> 夫 >(越えられない壁)>>>>> 法律・他人」という心理構造は、ちょっと行きすぎているような。女って……。

カットバック

カットバック演出の成功例として有名なのが『メメント』でしょう。この映画は、「事故で記憶が 10 分 程度しか保てない男」という設定の面白さと、カットバックによって「意外な事実」を隠すことに成功しています。二度三度と見ても面白いし、DVD 特典で時系列に並べ直してみても楽しめます。

しかし、本作の演出はダメでしたね。喩えると、「CM のあとで驚くべき事実が!」を CM 前にネタバレしてしまう感じ。

  • 「CM のあと、『そこには元気に走り回るジョンが!』を流します」
  • 「はたして、この親子の運命は──って、偶然にも助かるんだけどね。はいはい CMCM」
  • 「あと 3 分後に『それにしても、このおやじノリノリである』です(おまいら好きだろ? ん?)」

──だれが そんな『世界丸見え』を見たい?

それくらい、本作のカットバックは失敗しています。だって、「はい、このあと誰々が銃で撃たれますよー」というのが、急に出てくるのです。これは──萎える。

せっかくのオーラを放っている演技が台無しだし、そもそも本作のような「人間ドラマ」には、凝った演出は不要なので、カットバックは無いほうが良かったですね。

まとめ

──あれ? 「カットバック厨 乙!」で終わりのはずが、なぜか こんなに長々と。

けっきょく、何だかんだ言って、面白がって見ていたんですよね。カットバックが無ければ……。

ああ、あと、タイトルの「21 グラム」って、本編を見ても あんまりピンと来ないかも知れません。しかし、見終わったあとに意味を考えてみるのも、また一興です。

[2] このページの一番上へ戻る