• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.271『分断』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 14 号)

今週のジャンプから、待望の『HUNTER×HUNTER』復活です!(また 10 週の限定だけど)

全力失踪する冨樫、もとい(笑えね~)、全力疾走するゴンとキルアの表紙をコンビニで見かけたとき、「おお!」と声に出しそうになりました。──よく見たら、「全力でネフェルピトーから逃げている」ように見えるのもツボ。

今回は、それぞれの戦いの続きです。もう、尋常じゃない面白さ!

前回までの、1 話・1 コマ・1 セリフ、描かれていない行間(コマ間)まで読んだはずなのに、余裕で「必ずその少し斜め上」を突いてきます。読むたびに、自分の目の節穴さ加減が判る感じ(鬱)。

あと、発売が明日のはずの、コミックも出ていましたよ! 注目の、

「冨樫先生は、休止期間中に何を やっていたのか」

が(ほんの少し)書いてあるので必見です。──それを読んで、変に納得するところだった。危ない危ない(コミックのおまけを読めば判るよ)。

photo
HUNTER×HUNTER NO.25 (25) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 2008-03-04

ONE PIECE 巻49 (49) (ジャンプコミックス) HUNTER×HUNTER NO.24 (24) (ジャンプコミックス) D.Gray-man Vol.14 (14) (ジャンプコミックス) To LOVEる-とらぶる 8 (8) (ジャンプコミックス) ONE PIECE (巻48) (ジャンプコミックス)

by G-Tools , 2008/03/03

ネテロとゼノ、王

ジジイ対 生後・数ヶ月(だよね?)、ですが、今のところ、圧倒的に王のほうが強そう。

しかし──、コムギの負傷後から、王の静かさが怖いです。王の心情を察すると、怒りにまかせて二人を瞬殺しても、おかしくなさそうですよね? それなのに、この余裕。

なぜ、ネテロとゼノの肩を持つような真似をするのか?

──いや、もしかすると、少年マンガの読者なら「ラスボスの余裕の表情」を見慣れているので、違和感がないかも知れませんが……。

我らが冨樫先生が、下記のようなヌルい描写をするわけがないので、これは何か ある、と見るべきでしょうか。

  • 余裕で背後を何度も取られる忍者
  • 大ピンチでも最後に海賊のボスが「ドン!」で勝利
  • 毎回 0-5 から逆転するテニス(かどうかも怪しい)
  • 何度 斬られても死なない死神・虚
  • 「何……だと……」
  • (てか、死んでもどうせ井上の能力があるしなぁ……)
  • (荒木先生だったら、回復者がいる場合はガンガン四肢を切り落とすよね)

反省した! 余りにもマンガのレベルが違う物を並べて、反省した!

ユピー対シュート

モントゥトゥユピーとシュートの戦い、シュートが異常に格好良いです! ──が、散る前の一瞬の輝きにも見え……。

それを横目で見ることしかできないナックル、というのが悲しい。そして、よくもこんな状況を作り出せるなあ、と作者の力量に驚きます。

なんというか、「少年マンガだから」という、理由にならない理由で、もうちょっと主人公チームを有利にするのが普通です。が、何度も言うように、そんな甘い話は(少なくとも最近の)冨樫先生は描かない。

それにしても、やっぱりこの戦いが一番、討伐軍の中で厳しいですね。どう考えても、逆転の図が見えてこない……。

ナックルの能力は、相手のオーラ総量が多すぎると効果半減と判ったので、シュートとメレオロンのコンビ、のほうが良かったかも。

イカルゴの危機

いやはや、最近のウェルフィン株の急上昇っぷりに驚かされます。

ここまで知能戦に長けた蟻って、コルト以外では初かも知れませんね。それに、コルトにしても「人間が銃を使うなら、奪えばいい」程度だったし。

ウェルフィンが嗅ぎ取った「違和感」は、前々回の時点で読者も気付けたはず。なのに、まったくイカルゴの危機に気が付かなかったのが悔しい。オレ、ハンタの世界にいたら、3 ページに 1 回は死んでますね(笑)。

それと対照的に、ヂートゥの呑気さとフラッタ(イカルゴ)の間抜け顔さ、プロヴータのザリガニさにワロタ(ザリガニさ?)。あと、ブロウの「おう」がツボった(笑)。人間の頃、好いヤツだったんだろうな。

ウェルフィンに怪しまれつつも、イカルゴが危機を脱した、と思いきや……。この二段構え、心臓に悪いです。イカルゴ、無事でいてくれよ……。

チーターマンとヂートゥ

ところで、チーターマンとヂートゥの類似性(頭部がチーター、武器)が語られることが少ないのは なんでだぜ?

ref.: ニコニコ動画まとめサイトすみれや: 伝説の糞ゲー「チータマン」とは?

まとめ

正直、今回のゴンとキルアの場面、よく解らなかった。キルアの「問いたい衝動」の意味って何だろう?

そういう、「解りにくさが判りやすい場面」(ゴレイヌの「えげつねぇな」とか)以外にも、後から意味が判ったり、上手くだまされたり します。

これだから、『HUNTER×HUNTER』は やめられない!

[2] このページの一番上へ戻る