AT-HA20 のノイズ問題

ここのところ、ずーっと頭を悩ませているのが、ヘッドホンアンプのノイズ問題。

「audio-technica ヘッドホンアンプ AT-HA20」のノイズについて : 亜細亜ノ蛾

明日の記事にする予定ですが、「ホワイトノイズが皆無」と言われているヘッドホン(イヤホン)を買ってみました。しかし、これでも少しノイズが聞こえます。

調べてみると、AT-HA20 は、ホワイトノイズ(「サー」という雑音)が多い機種らしいです。トホホ……。

うーん、やっぱり「外れ」だったかな……。と思って、トイレ用洗剤と入浴剤を買いに行きかけた(ヲイヲイ)のですが──、

AT-HA20 のホワイトノイズ問題が、あっさりと解決しました! 同じ問題に悩んで、ヤフオクに本機を「ドナドナ」しようとしている方へ、今回の記事を贈ります。

ボリュームコントローラで解決

結論から書くと、「AT-HA20 とヘッドホンの間に、ボリュームコントローラを付ける」という方法で、ばっちり解決しました!

AT-HA20 のボリュームを絞った状態にして、ボリュームコントローラで「無音」になるように調整。すると、AT-HA20 のクセのない音は そのままに、ノイズが載らないおかげで、ますます聴きやすくなりました! キタコレ !!

そもそも、AT-HA20 にサウンドケーブルをつながず、単純にヘッドホンを接続した場合でもノイズが聞こえるので、ヘッドホン端子への出力が強すぎるのでは、という発想です。

とはいえ、抵抗を取り付けたりする、「電子工作」に走るのはレベルが高すぎる……。ということで、音量調整の情報を探しました。──あ、でもオレ、工業高校の電子機械科を卒業しているんですけどね(笑)。当時から、ハンダ付けが苦手だったなー。

SHURE レベルコントローラ

元ネタとなったのは、下記のブログに書いてある、ホワイトノイズが気になるときはアッテネータを 利用する、という記述です。

ネットワークウォークマンのホワイトノイズ対策:ぶろろーぐ:So-net blog

ここで紹介されていたレベルコントローラが、SHURE PA235。泣く子も黙ってヘッドバンギング、という(?)SHURE 製です。

「e イヤホン」で購入

SHURE PA235 は残念ながら、Amazon では売り切れ。いろいろ探して、イヤホン専門店の「e イヤホン」から、同じ SHURE の EA650 を購入しました。

「e イヤホン」は、Yahoo! オークションにも出店していて、「Yahoo! かんたん決済」で購入できるのが便利です。たまたま、自分が欲しかったモノが全部あったので、迷わずヤフオクで「即決」しました。

Yahoo! オークション: e イヤホン ヤフオク・ストア

フェライトコアは?

念のため、ノイズ対策にフェライトコアも、ヤフオクで落札しました。まったく違う出品者から落札し、東京と大阪から送ってもらったのに、同時に到着。イカすぜ、日本郵便!(ものすごく早く届いたから満足)

で、クランプ型のフェライトコアを 20 個(!)買って、電源やケーブルの周りに取り付けたのですが──、うむむ、あまり変わらない……。

まぁ、たぶん一番のノイズ発信源である、パソコンの中にも取り付ける予定なので、ちょっとは効果を期待(できるかなー)。

まとめ

ヘッドホンアンプのホワイトノイズに悩んでいる人は、音量調整してみては?

ぶっちゃけ、今回の EA650 は、中身はしっかりしていると思うし、天下の SHURE 製ですが──、外見はプラスチック製で安っぽいです。手に入りにくい、というのも難点。

これなら、普通の電器店でも手に入りやすい、audio-technica 製で良いかも。たとえば、近所のヤマダ電機で、780 円で売っていました。

とにかく、せっかく買ったヘッドホンアンプを眠らせておいたり、ノイズを我慢して聴き続けるのは、もったいない! サクッと解決しましょう。

[2] このページの一番上へ戻る