Ears Monitor Pro P2CL

また、ヘッドホン(カナル型・イヤホン)を買ってしまいました! (ブログで「~してしまいました」という告白は、ほとんど自慢だよね)

photo
カナル型・Earphone イヤーズモニター・プロ P2CL Ears Monitor Pro P2CL/EMPP2CL
マイクロソリューション Micro Solution Inc.

スペアイヤーピース・スモークホワイト EP-EXSW0512-M 天然コルクインシュレーター CORK INSULATOR 030(W30 x D30 x H10mm 8個1組)CI030 PHILIPS イヤフォン SHE9700 カナル型・Earphone イヤーズモニター・プロ2 Ears Monitor Pro II EMP2 White/EMP2W PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9500

by G-Tools , 2008/06/08

マイクロソリューション(Micro Solution Inc.)という、耳慣れない会社のイヤホンです。

Micro Solution Inc. Tokyo Japan Micro Solution Inc. Tokyo Japan

この会社は、どちらかというと Mac 用のアクセサリの制作・販売を行っているところで、今回のイヤホンも「iPod 用」というコンセプトですね。

公式サイトから、直接購入できます。Amazon にもストアがあるので、買いやすいですね。

Micro Solution Inc.のストア: Amazon.co.jp

最近、Amazon に いろんなお店が出品していますが、Amazon の商品(本など)と別に配送されて、送料の面で損することがあります。上記のストアの場合、配送は Amazon からなので、ほかの商品と合わせて買いやすいですよ。

使用実感

「iPod 用」イヤホンですが、iPod は持っていないので、自室でパソコンとヘッドホンアンプから音楽を鳴らしています。

第一印象は、「これは聴きやすい!」

まず、イヤーピースの付け心地が最高です。標準でイヤーピースが 3 サイズ(S/M/L)と付いており、自分には M サイズがピッタリでした。

──ただ、この辺りは好みがあるので、付けてみて気に入らなければ、ほかのイヤーピースに替えてみるのも手です。この柔軟さが、カナル型の良いところですね(できたら経を統一して欲しい)。

それと、ケーブルが出ている部分がプラスチックで保護されているのが良いです。これのおかげでケーブルが肌に触れないし、耳に定着するので付けていて疲れません。

ケーブルが 1.0m というのも、自分の環境では最適な長さです(これについては、後述します)。これよりも短いと、ピンプラグ部分をシャツにクリップで留めたり、何か工夫する必要が出てきます。

ref.:

マイクロソリューションのイヤホンを知ったのは、「人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2」の記事がきっかけです。

ただ、ここで紹介されている機種は、Amazon では売り切れています。今回は、ほぼ同じの EMPP2CL を買いました。

エイジング済みを販売

上記のブログによれば、エイジング(150 時間以上!)で音が変わるそうで、これから楽しみです。

公式サイトでも「エイジングをしっかりと」と すすめています。なんと、マイクロソリューションから直接、エイジング済みのイヤホンを購入することもできます!

Micro Solution Inc. Tokyo Japan

エイジングの料金は無料なので、試してみるのも面白そう。

ところで、なぜか Amazon で購入するほうが安いのが気になります。自分だったら、Amazon より直接販売を安くして、エイジングの料金は もらう、という販売方法にしますね。

それに、パッケージが「昔のプリンタで印刷した」みたいな安っぽさなので、店頭販売だと売れなさそう。商売っ気がないというか、「エンジニア魂」を感じます。

「ウチは作るだけなんで、あとは分かる人だけ買ってくれたらいいです」みたいな(実際はどうか知りません)。

audio-technica GOLDLINK Fine

今回、前からオーディオ用のケーブルが欲しかったので、一緒に購入しました。

さて、オーディオケーブルは、本当に選択が難しいです。どのメーカも「それっぽい」ことを宣伝しますよね。

さらに、各種パーツを業者や個人が加工する、というところまで視野に入れると、切りが なくなってきます。カナレ、ベルデン、モガミ──、「マピロ・マハマ・ディロマット」や「イロイッカイズツ」みたいですが、有名なオーディオケーブル用のパーツを出しているメーカです。

もうちょっと、ハイエンドな機器が整うまで待つとして、今回は「audio-technica GOLDLINK Fine」シリーズを選びました。

audio-technica:GOLD LINK Cable’07 ラインアップ audio-technica:GOLD LINK Cable'07 ラインアップ

まずは、 SE-90PCI と AT-HA20 をつなぐ RCA ケーブル。安いのに、一見して「ただ者ではない」感じが好印象。

photo
audio-technica GOLDLINK Fine オーディオケーブル1.0m AT564A/1.0
オーディオテクニカ 2007-08-25

by G-Tools , 2008/06/09

そして、ヘッドホンアンプとヘッドホンの間につなぐ、延長ケーブルです。

なんというか、「普通のオーディオケーブル」と同じ太さ(5mm)くらいなので、取り回しは注意が必要です。とてもじゃないけど、耳に付けたイヤホンでは支えられません。

自分がつかっているテーブルには、このケーブル用のホルダに具合の良い部分があるので、そこに連結部分を留めています。そうすると、EMPP2CL のケーブルが、ちょうど良い位置に来ます。

このように、イヤホンに使う場合には、工夫が必要ですね。

photo
audio-technica GOLDLINK Fine ステレオミニ(オス-メス)1.5m AT545A/1.5
オーディオテクニカ 2007-08-25

by G-Tools , 2008/06/09

サウンドカードとヘッドホンアンプについては、下記の記事をどうぞ。

まとめ

今回のイヤホンでオーディオ関係の買い物は、いったん終了(──さて次は、何を買おう?)。

いまだに「オンボードのサウンド機能で十分」とか、「ウチの(ミニ)コンポより、良い音が出るの?」という人が多いと思いますが、パソコン用オーディオは便利で面白いぞ!

──と、オーディオマニアの一年生は思いました。

[2] このページの一番上へ戻る