高城 剛氏のブログ

高城 剛さんのブログで、面白いガジェットを紹介していました。

honeyee.com |Web Magazine「ハニカム」h._Archives/Blog>Tsuyoshi Takashiro_blog 2008前半ベストガジェット | honeyee.com |Web Magazine「ハニカム」h._Archives/Blog>Tsuyoshi Takashiro_blog

どれも魅力的で、欲しくなってきます。それらは、あとで紹介するとして──。

ところで、高城 剛さんと言えば、10 年ほど前に愛読していた雑誌『Begin』で、「デジタル業界の偉い人」として知っていたのですが(あと、半ズボンの人)、ものすごい経歴の人だったんですね!

高城剛 - Wikipedia

オモスレー。この人の半生を まとめた本を出したら、売れるんじゃね?

そんな彼から、まずはこのメッセージを引用します。

これからiPhoneをありがたがる我が国は問題で、 声を大に、日本のキャリアとアップルに文句を言った方がいい。

この情報時代に遅すぎる。

iPhone!? そんなのやめて、もっとすごいの作ろうぜ。

僕らは、そんな国だったはずだ。

honeyee.com |Web Magazine「ハニカム」h._Archives/Blog>Tsuyoshi Takashiro_blog

Pacemaker

さて、上記の記事で紹介されていたガジェットの中で、一番面白そうなのが「Pacemaker」!

Pacemaker - The pocket-size DJ system

もちろん、心臓の弱い方、じゃなくても使えます(ここ、笑うところ)。

「世界初のポケットサイズ DJ システム」というガジェットで、(意外にも)Engadget Japanese の説明が分かりやすいです。コメント欄も注目!

ポケットサイズのプロDJシステム "Pacemaker" - Engadget Japanese

コメント欄で紹介されている、YouTube の動画を見ると、どんな機器か分かりやすいですね。

YouTube - Pacemaker01 さんの動画

Pacemaker って、「なんちゃって DJ」の入門機として十分だし、これ単体で DJ をしているプロも、きっといるでしょう。

問題は、手に入れるのが困難という点。今のところ、個人で輸入するしか手段が無さそう。まぁ、人気が出てくれば、いろんな業者が動き出すでしょうね……。半年後には、ヤフオクとかで、見かけるようになるかも?。

それより何より、公式サイトのデザインもイカしているし、格好いい音楽が無料で大量に聴けますよ! 良い時代になったものです。

Pacemaker - The pocket-size DJ system Pacemaker - The pocket-size DJ system

よく分かっていないけど、これって Pacemaker でリミックスした音楽が聴ける、ということですかね?

X-mini カプセル・スピーカ

もう一つ気になったのが、この、かわいらしいスピーカ!

旅行で持ち運ぶためのスピーカ、として紹介していますが、デスクに置いてもいいですよね。

Amazon では、人気のためか黒と白は売り切れで、赤色のみ在庫が残っています。

楽天市場で「X-mini」を探すのも良いでしょう。

ただ、2 個そろえないとステレオになりません。好意的に考えれば、自分に必要なだけ購入できる、というわけです(例えば、2.1ch という使い方もアリ?)──が、ちょっと割高な気もしますね。

でも、いざこの「手乗りスピーカ」が届いたら、かわいくてニヤニヤしそう。ポチるかな……。

まとめ

冒頭の引用文、iPhone ──、もとい「アイフォーン」(ダセェ www)で浮かれている人たちに、ガツンと来たのでは?

iPhoneは「アイフォーン」と読むそうです - GIGAZINE

え、こない? おいおい、いい加減「i なんとか」シリーズなんか、笑い飛ばすガジェットを出そうよ。ソニーやパナソニック、シャープあたりで、ぶっちぎりに面白いガジェットを隠しているんじゃないの? いつまで負けてんの?

──って、隣の家の子が言ってたよ(ヘタレ)。

それにしても、本当に「音楽を聴く」のって、(10 年くらい)昔に比べて、ものすごく自由になりましたよね。

オレらの若いころは、「メタルテープの音が良いらしい」とか言いながら、「○○ー、ご飯よー!」とオカンの声が入るのを恐れながら、ラジカセで録音していた時代。──というのはウソで、それはもう少し昔の話。でも、録音するのはテープのみでしたね。

それが今や、こんなに手軽に音楽を持ち運んだり、パソコンに ため込んだり、いろんな方法で共有したり──。

手軽に音楽を配信できるようになり、Pacemaker みたいに加工も簡単となれば、「今までにない音楽」が出てくるかもしれませんね。これからも音楽の世界に注目です!

[2] このページの一番上へ戻る