FOSTEX T-7M

「asiamoth のヤフオク☆散財日記」とブログ名を変更しようか、と思う今日この頃……。

新しく、ヘッドホンを落札しました。「FOSTEX T-7M」というヘッドホンです。

photo
FOSTEX ヘッドホン T-7M
FOSTEX

by G-Tools , 2008/06/26

交換用のイヤーパッド

メーカであるフォステクスの、紹介ページはこちら。何とも素っ気ないページで、売る気がないのバレバレ──ということでもないと思いますが……。

FOSTEX COMPANY: T-5M/ T-7M

ありがたいことに、交換用のイヤーパッドがオンラインショップで買えるので、もっとアピールして欲しいところです。本当、イヤーパッドが交換できる・いつでも手に入る、というのは重要なポイントです。

FOSTEX e-shop: T-7M 用イヤーパッド

ヘッドホンスレの評価

2 ちゃんねるの「ヘッドホンスレ」をまとめた Wiki に、T-7M の紹介ページがあります──が、ここも情報は少ないですね。DTM用途などに最適のヘッドホン、つまり原音に忠実という評価を信じて購入しました。

ヘッドホンスレ/fostex/T-7M - wiki@nothing

「話題によく出る」ヘッドホンをまとめた表を見ると、音バランスが絶妙なバランスと書いてあります。実際に聴いて、その通りだと思いました。

ヘッドホンスレ/低価格でナイスなヘッドホン/話題によく出る物 - wiki@nothing

さて、実際に聴いた感想は、というと──。

実際に聴いてみた

比較対象が、いままで購入した 3 つのカナル型イヤホンと、10 年ほど愛用している「B&W SOLID」というスピーカしかないですが、聞き比べてみました。

カナル型イヤホンは、小さいボディで迫力を出すために、低音を強調しています。ほとんど、「低音が出る!」というので評価が決まったり。その分、中音部分が聞きにくいこともしばしば(プレイヤのイコライザで、どうにでもなるけど)。

T-7M は、なるほど、原音に忠実という感じがします。これで聴くと、「あ、本当はこういう曲だったんだ」と驚きました。

それで、ぶっちゃけて言うと、「128kbps.mp3」なファイルを再生すると──、ガッカリします。こんなにスカスカだったのか、と。

実験で、同じ曲(東京事変の『群青日和』)を「196kbps.mp3」と「320kbps.mp3」で持っていたので聞き比べると──、おお、微妙に違いが分かる! 320kbps のほうが、少しだけ高音部が広がって聞こえます。

ということで、最低でも MP3 はビットレートが 196kbps は欲しいし、もっと上級のオーディオシステムで聴くことを考えると、ロスレス(可逆圧縮)で持っておきたいところ。

CD から取り込んで、ロスレスで圧縮したファイル(TTA+CUE.mka が好き)を T-7M で聴くと、もう、鳥肌が立つくらい感動します(「鳥肌が立つ」は誤用だけど、ほかにピッタリな表現がない)。

外見

ヘッドホン選びで、一般的に重要なのは、「外見と装着感」でしょう。

T-7M の外見は、ハッキリ言ってチープ(笑)。画像だと分かりにくいですが、耳の部分は「昔のパソコン」みたいな灰色。プラスチックの可動部分も、そこらの 1000 円ヘッドホンと大差ない感じ。

だが、それがいい!! 上記で書いた SOLID というスピーカに通じる、レトロなデザインで、自分は好きです。むしろ、コードをカールコードにして、もっとレトロにして欲しいくらい。

これくらいチープなデザインだと、シールを貼ったりペイントしたりして、「オレ色」に染めても楽しめそうですね。

装着感

装着感は、「普通のヘッドホン」という感じで、特筆すべき所はありません。

イヤーパッドも「いかにも」な感じで、長年使っているとボロボロになりそう。合皮か布製のイヤーパッドに交換できると良いですね。合う物を探そうかな……。

「セミオープンタイプ」ということで、遮音性はそこそこ、音漏れも結構あります。部屋でゆったり聴くため、と割り切って使うのが良いでしょう。

まとめ

まぁ、送料込みの 1,600 円で落札したので、まったく不満はありません(笑)。新品だと、最安値でも 6,000 円以上はしますからね。

「FOSTEX T-7M」の最安値を楽天市場で探す

この手のヘッドホンは、じつは 10 年ぶりに買いました。再・入門機としては上々ですね。良い買い物をしました。

さて、これ以上のヘッドホンとなると、一気に価格が跳ね上がりますね。自分には、これくらいでちょうど良いかな?

いろいろと、オーディオ機器をそろえて分かったのが、

「けっきょく、機器より音源が大事」

どんなに高級なオーディオシステムを持っていても、元が「128kbps.mp3」なファイルだったり、粗末な録音の CD だったりしたら、もったいない!(CV: えーちゃん)

あと、もっと言えるのが

「オーディオに凝るより『音楽』を楽しむ」

「音」を聞くか「音楽」を聴くか、みたいな話ですね。目的と手段を取り違えては、本末転倒。

まぁ、そうは言っても、世の中には魅力的な(またはオカルトな)オーディオ機器が、まだまだありまして……。次は、何を買おうかな?

[2] このページの一番上へ戻る