• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

IE の閲覧履歴が消えない

「アルファルファモザイク」で、面白いレスが紹介されていました。

お前ら知ってる?

彼女とか他人のPCで、恥ずかしいWebページ見た後とか、キャッシュとか履歴消去するだろ?
あれ、全然消えてないんだぜ

エクセル立ち上げて、どこでも良いからセル選んで、右クリしてハイパーリンクを選んで、「ファイル・ウェブページ」の「ブラウズしたページ」に全部出てくる(;^ω^)

お前ら知ってる?彼女とか他人のPCで、恥ずかしいWebページ見た後とか、キャッシュとか履歴消去するだろ?:アルファルファモザイク

インターネットエクスプローラー(IE)の七不思議のひとつ、

「キャッシュ・履歴の削除を実行しても、ページの情報が消えない」

という仕様(不具合?)ですね。

インターネットプロバイダの関連会社で働いている自分も、お客さんからよく相談を受けます。

さて、どうしたものかというと──。

結論: CCleaner 使え

結論を先に書くと、「CCleaner」を使う、というのが手軽で確実です。

あるいは、IE を窓から投げ捨てr(ry

正規の削除方法

なぜかというと、正規の方法では削除がかなり面倒だからです。

IE の履歴データは、

C:\Documents and Settings\[ユーザ名]\Local Settings\History\History.IE5\

──といった場所にあり、通常はこのディレクトリの中身を削除すれば、問題が解決します。

しかし、そんな深い階層を開くのは手間が掛かるし、環境によっては、

  1. ユーザをADMIN権限で一つ作る。
  2. 現ユーザをログアウトする。
  3. 1で作成したユーザアカウントでログインする。
  4. 下記ディレクトリをエクスプローラで開く。(注意: 上記で説明したディレクトリのこと)
  5. このディレクトリにあるデータを全て削除する。

エクセル等でハイパーリンクのブラウズしたページの削除について - 教えて!goo

──という手順を行って、ようやく削除できた、という事例もあります。

さらに、閲覧の履歴と同時に削除したいのが「オートコンプリート」の履歴。これも、削除し忘れやすいですね。

Windows TIPS -- Tips:IEのオートコンプリート履歴を削除する

このような面倒な作業を一括して行える、CCleaner はやはり便利です。

まとめ

不要な情報の削除は、CCleaner にお任せ!

──てか、人のコンピュータで「恥ずかしいウェブページ」を見るって、どんだけだよ! と個人的には思う。「監視カメラの真ん前で万引き」みたいな感じ。

あと、「何もしていないのにパソコンがおかしくなった」って人が多いけど、日本語に訳すと、

「偽アダルトサイトで『無料サンプルはここをクリック』を押してスパイウェア Get だぜ!」

[2] このページの一番上へ戻る