audio-technica ATH-AD500

新しいヘッドホンを買った。「またヘッドホン……」「またヤフオク……」と脳内秘書(財政担当)のため息が聞こえる気がする。ウソ。

audio-technica:製品情報 ATH-AD500

これは「開放型」(オープンエアー型)タイプで、「密閉型」(クローズド型)に比べて音に開放感がある──といわれている。実際には、同じ価格帯・品質のものと厳密に比べないと、そこまで違いは分からない。

音質よりも、外の音が聞こえるか・音漏れするか、という違いはすぐに分かる。以前に購入した密閉型の FOSTEX T-7M は遮音性がそれほど高くない。しかし、ATH-AD500 は遮音性がほとんどない。小型スピーカを耳元で固定している感じ。それでも、部屋でひとりで聴く分には、まったく問題はない。

FOSTEX T-7M チープな外見と忠実な再生のヘッドホン : 亜細亜ノ蛾

装着感が良い

個人的に一番の特徴は、つけ心地の良さ。軽くてずれない。

イヤーパッドが肌触りのよいベルベット調の布製イヤパッドで、長時間の使用でも蒸れない──ことはないが、合成皮革製よりは快適だ。だいたい、体に長い間つけて「蒸れない」素材はないだろう。できれば、簡単に取り外して洗えるパッドがあると便利だ。どうですか>ヘッドホン業界各位

圧迫感を低減するトータルイヤフィット設計3D方式ウィングサポートという、なにやら小難しい技術が使われているが──つけてみれば、納得。これは良い。軽く被(かぶ)るだけで、簡単にフィットする。頭頂からの「距離」で調整するヘッドホンが多いが、これは「角度」で合わせる。よっぽど変わった頭の形をしていない限り、すぐになじむだろう。現に自分も素直な頭の形をしていない(中身は純真なのに)が、ぴったりと合った。

開放型は、音を出すドライバの大きさも重要(後述)だ。ATH-AD500 のドライバは 53mm と大型になっている。そのおかげで、イヤーパッドが耳の周りをおおうため、耳が押しつぶされない。ヘッドホンで耳がすぐに痛くなる自分には、たいへんありがたい。

音楽苦楽部

購入のきっかけは、下記のページを見たから。オープンエアタイプの特徴とともに、ATH-AD500 を取り上げている。

ヘッドフォン選びの落とし穴~密閉タイプでHi-Fi再生は望めない(2006/3/2) - 音楽苦楽部

価格帯──つまりは購入層が異なる HD650 と並べて ATH-AD500 を紹介するのは、ここくらいだろう。値段で選んでいない感じがして、好感が持てる。

ヘッドホンスレ

下の Wiki を見ると、audio-technica ATH-A500(D なし)のほうが「万能」とのこと。それを読んで、A か AD か最後まで迷った。音の比較対象にならないくらい、違う音らしいが。

ATH-AD500 の得意ジャンルが「ジャズ」なので、ジャズ好きの自分にピッタリだ。──と思い込むことにした。レトロゲームの音楽とジャズが好きな自分だが、「試聴環境にこだわっても、聞くのは PC88 や MSX(のゲーム音楽)かよ!」とたまに思う(「購入/ 落札」ボタンを押すときに思い出して欲しいものだ)。

まとめ

けっきょく、シロートのヘッドホン選びは「使いやすさ」が一番だ。音質は二の次でいい。

──というのが持論なので、音の評価は書かなかった(じつは、うっかりと書き忘れていた)。音にしても味にしても、「素晴らしい音だ」「美味しかった」くらいしか書けないし、みなさんも期待していないでしょう? 「低音部から中間部にかけてのウンタラ」「音の粒立ち感がドータラ」とか言い出すには、10 年早いし。

使いやすさといえば、いわゆるイヤホン型はケーブルが短くて細い(まるで自分の──)。携帯音楽プレイヤを使うユーザしか想定していないのだろうか。室内で利用する場合は、延長コードが必要で不便だ。接点が増えるたびに音質が劣化する(かどうかは聞き分けられないが、精神衛生上よくない)のも不満に感じる。

ATH-AD500 に限らず「普通のヘッドホン型」はケーブルが太くて長い(うらやまs──)。気兼ねなく床にダラリと垂らし、部屋中を歩き回れる(くらい狭い)。見た目的にも「なんかちゃんと音の信号が通ってる、みたいな」と安心できる。猫の甘噛みくらいなら平気だ(といいな)。

ぜひとも、高純度OFC3.0mコードあたりを使ったイヤホン型のヘッドホンを作ってください>業界のみなさま

[2] このページの一番上へ戻る