• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 5 ページ 「時と鍵」 (週刊少年ジャンプ 2008 年 42 号)

マンガを描くのは難しい。中高生のころにマンガ原稿用紙と G ペンなどを買ってきて、紙面に向かって格闘した自分が言うのだから間違いない(三日で飽きたけど)。

しかもアマチュアは「ひとりで全部やる」のが当然なので、背景からトーン貼りまで自分でする必要がある。魅力的なキャラクタに惚れて始めたマンガで、何が悲しくて電信柱やキャベツを描かなければならないのか。いっそのこと初めからアシスタントを雇って、原作者も見つけてから、ゆっくりと作画の練習をしてほうが良いかもしれない。

──そんなわけで、下のページを見ても笑えないのである。作画の人も大変なんだろうな(時間・精神・財布の中身・実家の両親から「孫の顔」の催促などで)──と考えてしまう。

神速(´・ω・)VIP:いかにも「これ作画崩壊してるだろw」っていう画像ください

我らがサイコーとシュージンも、そう簡単にはマンガ家になれない。「天才」の 2 人でも努力なしには天下は取れない──今回はそういう話だった。なかなかマンガのキャラみたいに、簡単には成功できないようだ(ん?)

連載の 5 回目にして、ようやく 2 人がマンガ家を目指すのに「どうやって努力すればいいのか」という道が見えてきた。よく考えると、ほとんど 2 人の考えだけでここまで来れたのもすごい。だがまだ道のりは険しい──。

まんが家の五大条件

思わず劇画調になって「すげーな これ」とシュージンが叫んでいた「五大条件」が、たしかにすごい。

「まんが家の五大条件 男の五大条件」

  • その一 だんじて小手先の作品をえがくなかれ おのれの血のすべてをインクにせよ!
  • その二 かりそめにも花の人気を追うなかれ 土をおこして根をこやすべし
  • その三 いくばくかの地位を得ても未練をもつなかれ 嵐と平和あれば嵐をえらぶべし
  • その四 いかなるときも負けて泣くなかれ 負けて研究し勝利を生む母とすべし
  • その五 以上を守りぬいても自分のみ正しいと思いあがるなかれ 自分以外 すべて師とせよ!

男の条件』(川崎 のぼる・梶原 一騎)

梶原一騎 - Wikipedia

今のジャンプでは「スポ根は流行らない」と断言した上で──つまりは熱血物は敬遠される中、堂々とこの五大条件を引用するのが、作者らしい大胆さだ。

マンガ家三大条件

さらに、川口たろうが語る──という名目で、作者自身のマンガ哲学と思われるものも挙げていた。

「マンガ家三大条件」(天才じゃない場合)

  • その一 うぬぼれ
    • 自分はほかの奴よりできると思い込め
  • その二 努力
  • その三 運

川口たろう

天才でも、売れるためには運が必要だと思う。運というか時期が悪ければ『Death Note』という名作も生まれなかった、と想像する。今となっては考えられないけど、大場つぐみさんと小畑健さんが組まなかったら──。

まとめ

「1 秒も無駄に」できないくらい熱中できる対象もなく、「必ず結婚する」と決めた相手もいない。それに、一緒に何かをしたい、と誘ってくれる仲間もいなかった。そんな自分には、サイコーはうらやましい。同じように思っている人も多いのでは。

2 人の前に立ちはだかる(?)手塚賞準入賞者で同年代の「新妻エイジ」は今後出てくるのか? 進学の件でシュージンの親は理解を示すのか? 亜豆は 18 歳まで■■なのか? というか今も大丈夫 ── !?(最低) まだまだ先が楽しみな作品だ。

[2] このページの一番上へ戻る