• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

本の組版に執着する人たち

今回は、本の組版(文字のレイアウト)の話である。本のデザインといえば装丁(カバーなどの外側)に凝った話ばかりが取り上げられるが、中身のほうが大事だ。人間と同じで(説教臭いなぁ)。

帆掛さんの気になる話

このブログだけではなく、「はてなブックマーク」でも「帆掛さん・ラヴ」と言い続けてきた、私こと asiamoth だが──。

じつは、このたび帆掛さんと結婚することになりまs

──ではなくて。

じつは、帆掛さんに共感したことほとんどない。オカルトもホラーも「たしなむ」程度で、クトゥルーはガキのころに読んだトラウマ(「かん字がむずかしくて読めない」)で、それ以降は触れていない。「BOOK ON」で大量に本を買うほど本が好きでもない。

まぁ、好きな対象と趣味が同じではないとイヤ(非モテ思考の始まり)だ、という訳ではないけれど……。少し、さみしい気もする。

そう思っていたら、ようやく帆掛さんに共感できる部分があった!

奇遇 - 2008-09-18 - coco's bloblog - Horror & SF

何ともマニアックな本の組版の話を、帆掛さんと富士見さんがしている。「最後の行」も「句読点の並び」も、両方ともすごく分かる!

思わず 2 人の会話に「あるある www」と割り込んで、思いっきり不審な顔で帆掛様に軽蔑されたい……。末代まで祟られたい……(オレの代で終わりそうだけど)。

ref.: 栗山千明さんの 2ch スレ(千明様ネタ)が面白い : 亜細亜ノ蛾

京極夏彦と森博嗣

自分が知る範囲(猫の額くらい)で、文字組にこだわる作家と言えば、なんといっても京極夏彦さんだ。

ファンなら誰でも知っているとおり、彼の著作物は、『絡新婦の理(講談社ノベルス版・1996年11月5日・初版)』から ずっと、

全ての行が、次のページ・段に またがることが無い

というルールを通しています。

──初めて気付いたときは、驚きを通り越して、あきれました(笑)。以後、雑誌に載る場合でも、小説では上記のルールを徹底していますね。

森 博嗣さんの『新しい諺』 / 文章の見た目を気にする話 : 亜細亜ノ蛾

森博嗣さんは、京極さんほど文字組に執着はなさそうだが、執筆途中・ゲラ校正について話をよく日記に書いている。

「本はコンテンツが大事」といった趣旨のことをよく書かれるが、ハードカヴァはほとんど買わなかったり、禁則処理について徹底していたり、けっこうコンテンツ以外にもこだわっている。いかにも彼らしい(「友達って大事か?」って言いながら、友だちは多いし大事にしているよね)。

出版業界に疑問を持つ : 亜細亜ノ蛾

彼の日記を読む限り、作家の負担を減らして気持ち良く作品を書いてもらおう──という思慮・配慮に欠けた編集者が多いようだ。

出版業界は、知れば知るほど「文字組も締め切りも気にしない、それでいて売り上げが伸びるのを祈る」というクレイジィ(英語なら大丈夫)な人たちばかり勤めている印象がある。──そう、いま何気なく書いたけど、本という芸術作品を作家と一緒に作っているのではなく、「勤めている」感じ。

ルーチンワークをこなしているだけで「第二のハリー・ポッター」を狙うなんて、下の彼と同じではないか、と思う。

2ちゃんねるベストヒット: あるニートの賭け

──と、多少言いすぎてみたが、100% 正当な理由で上記に反論できる編集者が増えることを祈る(あ、自分も祈るだけか)。

まとめ

自分としては、本のレイアウトは読みやすければ良い。線を引きながら読むので、できれば行間が空いて、文字も大きめが好きだ。ちなみに、自分の目は男性にしては大きめで二重まぶただが、関連性は不明だ。

『人形式モナリザ』も「最後の一行に驚く」のだが、自分が読んだ「講談社ノベルス」版はあっさりした普通のレイアウトだった。しかし、それが逆に怖かった。「その一言」を発した人間の心理状態を考えると──。

photo
人形式モナリザ (講談社ノベルス)
森 博嗣
講談社 1999-09

月は幽咽のデバイス (講談社文庫) 黒猫の三角―Delta in the Darkness (講談社文庫) 夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show (講談社文庫) 魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge (講談社文庫) 恋恋蓮歩の演習―A Sea of Deceits (講談社文庫)

by G-Tools , 2008/09/21

『十角館の殺人』のような作品は、ページ配分も十分に考えて作って欲しい。ページをめくった先の「あの一行」は、本当にビックリした。

『十角館の殺人 新装改訂版』 綾辻行人 - 一行で反転する世界 : 亜細亜ノ蛾

そういうわけで、装丁も組版も、もちろん中身の文章も「正解」はない。──が、「理想」を求めて、作家と編集者で素晴らしい本を作ってくれるように望む。

[2] このページの一番上へ戻る