• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『雑君青保プ』の第 2 刷りを購入

「重版出来」は「じゅうはんしゅったい」と読む──というトリビアは置いておく。

雑君保プ(ざっくんぽっぷ)先生の集大成『雑君保プ』が手に入らない、と以前に書いた。『雑君保プ』はオンライン書店でも見かけるのだが、『青』はどこにも見当たらなかった。

『雑君青保プ』『雑君赤保プ』 雑君保プの新刊はカラーページが大量! : 亜細亜ノ蛾

ああ、このまま幻の一冊になるのか──と思っていたら、いつの間にか第 2 刷が発行された。いまは Amazon でも取り扱っている。さっそく注文してむさぼるように読んでいる。初版に特別な思い入れのあるような、初物好きじゃなくて良かった(性的な意味でも)。

みなさんも、こんな駄文を読んでいるくらいなら、極上の笑い(とドンヨリ感)を体験してみてはいかがだろうか? (下のリンクから注文するだけで、アナタもワタシも先生も幸せになる──はず)

photo
雑君青保プ (GAME SIDE BOOKS)
雑君保プ
マイクロマガジン社 2008-06-29

雑君赤保プ (GAME SIDE BOOKS) ゾル漫えびいぬ君 P.S.すりーさん (GAME SIDE BOOKS) GAME SIDE (ゲームサイド) 2008年 10月号 [雑誌] GAME SIDE (ゲームサイド) 2008年 08月号 [雑誌]

by G-Tools , 2008/09/30

必見のインタビュー

マンガの面白さと深さは言うまでもないが、『青』で一番の注目はインタビューだ。

先生がマンガを描き始めたきっかけを、中学時代にまでさかのぼって話されている。さぞかし、クソ生意気なガキ──もとい、クソ生意気なガキ様だったと想像する。パンクの魂百まで。

特徴的な「顔面から目玉はみ出し」と「白目」という絵柄が生まれた背景も、バッチリ書かれている。意外な──というか、知ったあとでも人に話しにくいような誕生秘話だ。しかし、ファンのわれわれは、これからはフルタ君とナムコには足を向けて寝られない。ありがとう、フルタ君(誰だよ)。

それにしても──このインタビューで驚いたことがある。先生は、はちゅねミクや顔文字(( ゚Д゚)ハァ?)などの「白目キャラ」とご自身のキャラとが似ていることを、気にしているらしい。うそーん。パンク魂はどこへ行った。

不思議なことに自分では全く結びつけて考えなかったけれど、見る人によっては「ぷぷ、この人、はちゅねを意識してるよ」とか、「ぽぷす。プロが『あずまんが』の物まねですか、そうですか。ぷもすり」(笑い声が変)などと思っているのだろうか……(呪われよ!)。

変わるもの・変わらないもの

上に書いた問題のせいで、先生はこれから絵柄を意識して変えていくらしい。『青』の表紙の不知火舞なんて、たしかにいままでの雑君保プの文脈にはない描き方で、かわいい。しかし──、なんというか普通の萌え絵になっていくような……。

昔は雑君保プの萌え絵が見られるなんて思ってもいなかった。とくに、『DOOM』ネタで、海兵隊の萌えバージョンや、デーモンに乗ったカウガールなんて、想像できなかったな。いざ見てみると、かわいらしい。十分、「実用に耐える」絵だと思う(何の?)。「おおきなおともだち」なら、『雑君保プ』もなんとか見つけるのだ!

しかし先生自身は『エロフラグラボ』を振り返って「萌えテーマの連載で手ひどい思いをしたトラウマががが」(『青』 p.120)とのこと。うぞーん。『赤』で一番好きなのは『エロフラグラボ』だし、ノリノリで描いていると思っていたのに……。いま、先生と自分の深い深い溝を感じた。

変わったところはいくつもあるが、いつの時代になっても、目玉はみ出しキャラは雑君保プだけだろうし、独自のパンチが効いた毒々ギャグは変わらないだろう。それだけは、安心して良いと思う。

まとめ

『青』も『赤』も『黒』も、すべて買うべし! できれば過去の刊行物も探し回るのだ!

ところで、先生の代表作と言えば、この『青』『赤』か『ワールドヒーローズ2』になるのだろう。個人的には、『カルトクイズ100人伝』が一押しだ。コミックのデビュー作でありながらオールカラー(!)で、シニカルなギャグはすでに完成に近い。

あと、しつこいようだけど「助手 C は女」というのを(自分が知る限り)唯一ハッキリと書いてある(ただし p.190 に一文字だけ)のが『カルトクイズ──』だけ、というのが興味深い。これ以外だと、『赤』の p.80(女性にのみ感染するウィルスに冒される C)などで推測するしかない、というマニアックさだ。

森博嗣さんが語っていた「答えを書かないことで、話題になると思った」(『森博嗣のミステリィ工作室 (講談社文庫)』 p.224)というミステリィの手法をデビューから素で取り入れているとは──恐るべし!

ということで、いつものようにマンガの内容そのものに触れないうちに長文になってしまった。まぁ内容は、買ってお確かめください──。

[2] このページの一番上へ戻る