• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』 No.26 「再会」

来週の月曜日(2008/10/06)から、週刊少年ジャンプで『ハンター』の連載が再開される。その前に、待ちに待った最新コミックが出た。両方とも 7 か月ぶりなのに、思ったより早く感じる──のは冨樫ファンだけ?

長年のファンからすれば、この「10 週連続掲載のあとで休載、コミックの刊行と同時に再開」というシステムの「発明」は、作家にとっても読者にとっても最良の「妥協点」に見える。中途半端な作画で週刊誌に掲載して、コミックの修正作業に追われる──という悪循環よりは良いだろう。

この巻では、ゴンたちが宮殿内に侵入してからの、たった 5 分間が描かれている。しかも、複数に分かれた人物たちの話が同時に進行しているため、起こった「できごと」は少ない。ただし、それは表面上の話だ。登場人物たちの内面では、さまざまなモノが渦巻いている。

戦いの中で自分の生きる道を見つける者。義のために戦いを放棄してヒトを護る者。何のために戦っているのか悩む者。

まだまだ戦いに終わりは見えない。それに、全員が納得できる終わりはあり得ないだろう。それは、このマンガ自体も同じなのか──。

photo
HUNTER×HUNTER NO.26 (26) (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社 2008-10-03

by G-Tools , 2008/10/03

コミックでの修正・加筆は、ほとんどなかった。キルアの「それはどっちの?」(p.12-13)という独白が何に対してなのかが分かりにくかったため、少しセリフが書き加えられたくらいか。

26 巻に収録されている話は、すべて過去に記事にした。ここでまとめて紹介しよう。

各回の感想

下は、過去に書いた記事の一覧だ。リンクの上にマウスカーソルを合わせると、簡単な概要が見られる。

まとめ

驚いたことに(自分で言うのも何だが)、『ハンター』のコミックだけの記事を書いたことがない。No.265 から急に一話ごとの感想を書き始めたが、コミックの単位ではまとめていなかった。なんということだ。時間があるときに、1 巻から感想を書いていこう。

さて、連載の再開は、ナックルが一撃を決めたところからのようだ。まだピトーユピーが「トぶ」ほどの一撃ではないと思うのだが──。

[2] このページの一番上へ戻る