• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.282『密室』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 46 号)

ミステリィのファンからすれば、「密室」という言葉が出てきた時点で、犯人が分かった。「あなた、犯人です」──ではなくて、密室と言いながら抜け道がある話なんだろうな、と想像する。

ref.: 誤植 - Wikipedia (『月姫』が元ネタだったのか)

今回は、一話丸ごと「イカルゴ対ブロヴーダ」だった。某・住人が数字で呼ばれる掲示板を見ると、大が付くほど不評だった。──いや、不満を書いているのは数人なのだが、「ネット全体で文句を言っている」ように思えるのだ。そういう、マス■ミのような反応はやめよう。

キャラ萌えだけで作品を見ている人は、ほかのマンガをお勧めする。(ごく一部の読者からの)アンケートの結果によってキャラクタの立ち位置を変えてくれる、(特定の人には)優良なマンガがあるのだ。そちらをどうぞ。

まったく意識していなかったキャラでも、いつの間にか魅力的に思わせる。そんな作者の魔術が見られるのが本作だ。──初登場した「アカズの少女」の行く末を、いったい誰が予想できた?

さて、いつものように文章が長くなった。まずは前半の感想を書く──。

選択は二つ

イカルゴの考える「二者択一」の全容が見えた。ずっと気になっていたので、これでスッキリだ。

エレベータ内に閉じ込められたブロヴーダは、ピンチなのに無表情をしている。それが不気味だ。そのセリフからも、落ち着いているように見えた。イカルゴの「二択」が迫っているとも知らず──。

「二者択一」とは、ずっと監禁されたままで居るか、情報を教えるか、ブロヴーダに選ばせること、と自分は以前に予想を書いている。見事なまでに外れて、大恥をかいた(誰も覚えていないって)。

HUNTER×HUNTER No.279『脱出』 ザリガニ対タコ(ってゆーな!) : 亜細亜ノ蛾

このブログで書いた予想は、いつも当たらない。「当たったり当たらなかったり」する予測より、「100% 外れる」ほうが信頼できる──と前向きに受け取って欲しい(From: オレ => To: オレ)。

イカルゴがブロウをどうやって料理するか(フランス料理?)、一所懸命に考えている場面が笑えた。物騒な結論が出たのに、おなじみの「丸書いてチョン」な目をしている。イカルゴの想像に出てくるブロウも、デフォルメされていて可愛らしい。──以前は、リアルな描写のキャラクタがコミックのオマケで載っていた。イカルゴとブロウを写実的に描くと──たぶん、恐いだろうな。

そう言えば、「究極の二択」ネタは半年ほど前に書いた。けっこう気に入っているので、時間があったらぜひとも読んでいただきたい(日本語訳: 絶対読めれ)。

究極の二択を考えてみた : 亜細亜ノ蛾

手を汚す

イカルゴが手を汚した経験は未だ無かった、とのこと。これは「死に至らしめる」ことがなかった、という意味だろう。

しかし──。鼻唄交りでキルアを狙撃して、想定のォォ 範囲内だぜぇ♪などと言っていたイカルゴの姿が、自分の中では根強く残っている。もちろん、いまのイカルゴとキルアの中には、わだかまりは一切ない。それに、「宿主」の性格がイカルゴに影響していたのだろう。──そうは思うが、ものすごく楽しそうに撃っていたんだよなぁ──イカルゴ。まぁ、いいか。

戦闘が日常茶飯事の連中が多いため、「手を汚す」なんて表現を目にするのが新鮮だった。

ひょっとしたら、イカルゴの決意が見られる場面で、なぜこんなに悩んでいるのか、気が付かない人がいるかもしれない。そういう人は、バトルマンガに毒されている。人の命の大切さを、『ONE PIECE』でも読んで知るべきだ(リアルタイムでは人が死なないマンガ)。

まにまに | 「ONE PIECE」10周年に思う②~ワンピース的スタンダードとは何ぞや? (「同人的見解」が面白い!)

ジョジョのファンなら、当然のようにプロシュート兄貴とペッシのことが思い浮かんだことだろう。プロシュートなら、イカルゴを「マンモーニ」と呼びそうだ。

ジョジョ名セリフ集

ブロヴーダの選択

ブロウが取った行動は、イカルゴの戦略を無効にさせるものだった。ブロウ自身は、そこまでは考えていなかったと思うが……。

シンプルながらも強烈なブロウの念能力は、思ったよりも厄介だ。フランクリンの「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」とよく似ているが、火力はどちらが上だろうか。

HUNTER×HUNTERの能力・技 - Wikipedia

ブロウの強みは、(見た目通りであれば)防御力の高さだろう。今回のように隠れる場所が少ない空間で、彼と一対一で戦うのは危険だ。イカルゴは、どうやってこの危機を切り抜けるのか……。

まとめ

前半の見どころを聞かれたら、多くの人はブロウがエレベータから出てくるシーンを挙げるだろう。たしかに迫力がある。

自分は、イカルゴが決心する場面が好きだ。マンガでは当たり前に出てくる現況でマヒしている人は多いと思うが、自分に置き換えて考えてみて欲しい。かつての仲間に手を掛ける──アナタならできるだろうか。

好ましく思っていないことを、仲間のために行なう。そんな熱いタコ(「タコってゆうなーーー!」)──もとい、漢(おとこ)のイカルゴ。彼の活躍に期待しつつ、後半へ続く。

[2] このページの一番上へ戻る