• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.282『密室』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 46 号)

一話の感想を複数回に分けて書く。──マンガの感想書きの間で賛否両論(大げさ)のシステムを取り入れてから、非常に記事が書きやすくなった。

その分、同じ話を何度も読み返すことになり、苦痛だ──ということは全然ない。より深く作品に触れられる。とはいえ、自分は昔から、毎日のようにジャンプを読み直している。ちょっとしたスキマ時間──ウェブページの読み込みが遅いときなどにも、ジャンプを見ている。

それでも、読み落としている部分も多い。マンガの情報量の多さには、いまだに驚かされる。作者が何日も掛けて描いた作品を、数分ですべて読み解けるはずがないのだ。少なくとも自分は、そう言った心構えで作品に接している。

さて、イカルゴとブロヴーダがお互い離れたまま戦う──トリッキィな回の、後半はどうなったのだろうか。感想の続きを書く。

ところで、「飛ばねぇブロヴーダはただのブロヴーダ(ザリガニ)だ」と幻聴が聞こえたが、気のせいだろうか。

ポルコは「飛べない豚はただの豚だ」なんてこといわない : 亜細亜ノ蛾

決断をもう一度

ブロウがエレベータから脱出した。ふたたび、イカルゴは決断を迫られる。

昨日も書いたけど、このシーン──イカルゴが自分自身を甘いと責める描写を、わざわざ描く意味が分からない人も多いのでは。

HUNTER×HUNTER No.282『密室』 決心するイカルゴ : 亜細亜ノ蛾

「冨樫なら」この辺りで気の利いたバトルを見せてくれるだろう──。「マンガとして」敵を見過ごす選択はしないだろう──。そうやって、予定調和の一環と見てしまうと、けっしてイカルゴの決意の強さが理解できない。そうすると、今回の話の面白さは半減する。

そう言いながら、「初めて潜入したモニタ室で自由自在に機器を操るタコ(ってゆうなーーー!)」の姿は、シュールで笑えてくる。

元ネタ探し

いまさらながら気が付いたのは──イカルゴって『ゴルゴ 13』が元ネタなのか。「イカ +ゴルゴ」ね。なるほど。今の今まで「この太い眉毛、どっかで見たことあるんだけどなぁ……」と思いながら、ゴルゴに結びつけられなかった自分だ。眉毛が太い人なら、ナックルやクラフト隊長(レベルE - Wikipedia)もいたから。

──上の段落は、「イカルゴのモチーフがゴルゴであることに気付かなかったのは、マンガ読みとしていかがなものか」といった焦りから出た言い訳である。自分は、それほど多くの作品を読んでいないので、こういった「元ネタ探し」は本当に苦手だ。作者が面白いと思って仕掛けたネタも、たぶん、かなりの量をスルーしているだろう。それでも面白さが損なわれない、本作のような作品に出会えて良かった。

飛ぶザリガニ

作戦の変更を余儀なくされたイカルゴは、ブロウの恐ろしさを知る。

ブロウは、見た目から鈍重そうなイメージを持っている。実際、素早く動くブロウの描写はなかった。──いままでは。

初めて見せたブロウの「技」は、彼の戦い方に思った以上の幅があることを感じさせる。単純な技だが、簡単(シンプル)なヤツほど強い(『ジョジョの奇妙な冒険 (20) (ジャンプ・コミックス)』 p.43)。

このとき、イカルゴは逃げ道があることに気が付いた。──それは、どこだろう? この場所を初めて訪れた者でも思い付くくらいだから、地下の施設なら必ずある設備──通気口などだろうか。ご丁寧なことに、モニタ室の周辺を図解しているくらいだから、読者でも分かるような逃げ道かもしれない。

このブログ名物の「当たらない予想」を書く:

映画でよく見るように「エレベータの天井から脱出する」のではないか。もちろん、催涙ガスを投入するような装置がある以上、天井に脱出口は存在しないかロックされているだろう。しかし、防弾扉を破壊できるブロウなら、エレベータの天井くらいは簡単に破れるはず。

脱出方法を考えた直前に、ブロウがひとりボケ・ツッコミをしているのが面白い。人間だったころから、彼は楽しいヤツだったんだろう。

装甲車と最善の策

最後に出てきた装甲車のトリックは、正直、よく分からなかった。

イカルゴがモニタ室に置いてある物を集めている。この内のどれかを使って、最善の策を施したようだ。その策とは何か?

リモコン類もガムテープも怪しい。ライタと酒(薬品?)も、爆薬と組み合わせれば、時間差で攻撃できる爆弾を作れる。単体では意味がなさそうな AC アダプタが、妙に面積を取っていて気になる……。

ラストシーンで「イカルゴがどこにいるのか」がハッキリしないことも、トラップのニオイがプンプンする。単純に「装甲車で迎え撃つイカルゴ」と読んでいいのか。次回で、作者が仕掛けたワナにはまっていたことが分かり、「チクショウ! またやられた !!」(ニコニコ笑顔で)となるに違いない。

まとめ

何回でも書くけれど、キルアとの初戦での印象が強いから、イカルゴに手を汚した経験がないのは、ちょっと信じがたい。おそらく、イカルゴは途中で「ダチ(友だち)や仲間と一緒に成長するキャラ」に路線を変更したのだろう。作者自身も、初期の設定からは今のイカルゴは想像できなかった──と思う。そんなことは、いままでも山ほどあったのでは。

そこまで深く考えず、キャラ萌えと謎解きだけを求める人は、この作品を楽しめない。──とは断言できず、それだけでも十分に面白いのが『ハンター』のすごい所だよなぁ。

[2] このページの一番上へ戻る