• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

HUNTER×HUNTER No.284『15 分』 (週刊少年ジャンプ 2008 年 48 号)

シャウアプフとモラウの戦いが続く。

「戦い」と書いたが、殴り合いでも銃撃戦でもなく──プフは念すら使っていないように見える。プフは、初めから戦う気はないようだ。

だが、発言の上だけとはいえ、モラウの仲間たちをプフは倒す自信がある。それは意外だった。

最後のほうでは、懐かしいコンビ技が見られる。肉食ってドン! とか、「残像だ」という作品ではないだけに、どんなトリックが出るのか楽しみだ。

買いかぶっていた

前回の謎だった発言の真意をプフは語る。15 分もの間ぬけがらを前に立ち尽くす行為を、モラウは見くびられたと言い、プフは買いかぶっていたと言い返す──。

この直後のプフを見て、ゼノの「龍星群(ドラゴンダイヴ)」が思い浮かんだ。ひょっとして「この姿」はゼノの技に衝撃を受けて生み出したのでは、と思った。よく見ると、まるで違う技なのだが……。

プフのこの技(体質?)は、念能力の範囲を超えている気がする。「翼を生やす」程度ならキメラアント特有の能力といえるし、「電気で肉体を操作する」キルアの念能力も許容範囲だ。しかしプフのこれは──何なのだろう?

それと、前回までは「すり抜け」には長い時間がかかると思っていた。だが、今回の描写によると、プフは一瞬にして超細かい粒子になれる。煙の結界ですらすり抜けるプフを閉じ込めるには、「円」を応用した念能力を利用するしかないだろう。

──そう考えると、今までに登場した念能力で、プフに太刀打ちできるモノはないのでは? 意外と、サダソの「見えない左腕」で、あっさり捕まえられたりして。

HUNTER×HUNTERの能力・技 - Wikipedia

冗談はさておき。普通に考えて、この状態のプフなら体内から壊す攻撃ができるのでは。お、恐ろしい──。これが、冒頭のプフの自信なのだろうか。

それだけの事

閉じ込められた状況に困っていた、とプフは言う。モラウは矛盾を指摘するのだが──。

今回、一番よく分からなかった場面である。それだけの事はプフの口癖そのものなので、よけいに言いたいことが見えない。

──さぁ、みんなで考えようー!(チャラチャラ……♪)

ちょっと思ったのが、結界を解かない状態で何が残るかというと──サナギだ。あのサナギが抜け出せない状態では分身技が使えない、ということではないか。

──それでも、冒頭にプフが語っていたこととは一致しない。モラウが「監獄ロック(スモーキージェイル)」を解除しない状態でも、モラウの仲間を始末することができる、と言っている。

いったい、どれが「ダウト!」なんだ? それとも、プフの言うこと、すべてつじつまが合っているのか?

だまされるな !!

プフの言動を心理作戦であると判断したモラウは、惑わされることなく次の行動に移る。

だまされるな、と作中でキャラに語らせる場合、たいていは作者からのメッセージだ。──まさにいま、読者をだましている、という……。

プフが話すことを「虚」、起こったことを「実」とする。虚構にだまされず、事実だけを整理して考えよう。

じつは──プフがモラウに触れたのは、この場面しかない。このシーンだけが「実」なのではないか。

つまり、煙の結界からすり抜けたプフと、分裂するプフは、どうもフェイクくさい。しかし、それだと、以前に約 100 兆匹──と書いてある文(『HUNTER×HUNTER NO.26』 p.169-170)を疑うことになる。小説でいう「地の文」にウソを書くことは、禁じ手とされている。よって、苦しい。ただ、あのナレーションは微小な生物群とだけ語っている。プフ本人ではなく、新たに生み出した生物──と考えるのは、もっと苦しいか。

それにしても、服装や髪型・能力までもプフとモラウは似ている。ただ、ここで急にプフは二面性(というか豹変)を見せた。モラウは初登場のころから、ほとんど性格が揺らいでいない。そのような違いが見られて、面白い回だった。

誤解のないように書いておくが、冨樫キャラは話の都合に合わせて性格が変わったりはしない。たとえば、現実の世界にいる楽天家でも、落ち込むことはあるだろう。おとなしい性格の人でも、怒るときは怒る。そういった人間の多面性を、作者は『ハンター』の中で描いているのだ。仲間思いなゴンが冷たい言葉を吐いたり、冷静なキルアが八つ当たりをしても良い。

そうやって同じ人物の複数の感情を描きながら、それでも各キャラの軸がぶれていない。素晴らしい。

ようするに、「飛影はそんなこと言わない」。

にゅーあきばどっとこむ NEWS060509 「本日の用語:飛影はそんなこと言わない」

エスパー

存在を完全に消せる能力者がいる──そのことにユピーは気が付いた。丸腰のモラウを見つけたユピーは、彼がその念能力者ではないかと疑う。

モラウ、死亡フラグか──と思ってドキドキした。

そこへ、完全に「キれた」状態でやってきたナックルが格好いい。なんだかナックルは作者に愛されている気がする。分かりやすい性格──の割には面倒くさい念能力、というギャップも面白い。

ナックル・モラウの師弟コンビ技は、かつてヂートゥ戦で見せた。あの時は一発を入れるだけで十分だったが、今回はその一撃が命がけだ。

ユピーは、モラウたちの狙いを「ニセモノに紛れてナックルが攻撃する」と読んでいる。はたして、それだけだろうか? ナックルもモラウも、もう隠している大技は なさそうだが……。

おそらく、シュートを隠したのはメレオロンではないか。いまさらだけど、ナックルの能力は効果の出るまでが遅い。メレオロンの「神の共犯者(かみのきょうはんしゃ)」とシュートの「暗い宿(ホテル・ラフレシア)」がベストだったかもしれない。いま、メレオロンたちは、そのコンボ技を狙っているのではないか。

まとめ

引っ越しの準備で忙しい中(昨日の記事を参照のこと)、なんとかコンパクトにまとめた。シンプル・シャープ・スパイシィという、自分が理想とする文章には遠いが……。

Vシリーズ (小説) - Wikipedia

ところで、今週号のジャンプは『ネウロ』が面白かった。人間の狂気を描かせたら、『ネウロ』の作者がトップクラスだろう。『ハンター』は『レベルE』に比べるとマイルドになった気がする。別に、狂人マンガではないので良いけど……。あと、違う意味で、『BLEACH』の登場人物はみんな狂人だと思う(狂言師と言うべきか)。

[2] このページの一番上へ戻る