• 更新:
  • 投稿:
  • カテゴリィ:

『バクマン。』 13 ページ 「チョコと赤マル」 (週刊少年ジャンプ 2008 年 50 号)

個人的には、服部の熱く叫ぶシーンが今週号の見どころだった。──という人は少ないと思うが……。自称「服部ウォッチャ」としては見逃せない。服部こそ、この作品の裏主人公と見ている。

順当に選べば、盛り上がった場面はクリスマスやバレンタインデーになると思う。しかし、純粋な恋愛マンガではないこの作品では、アッサリと過ぎ去るのであった。そして、作中の時間も現実世界を追い越していく。サイコーとシュージンが見る未来のジャンプは、今よりも面白くなっているのだろうか──。

赤マルジャンプ

正直、赤マルは読んだ覚えがほとんどない。1-2 冊だけ特典に釣られて買った気がする。発行は年に 3 回とのことだが、もっと多く出ていると思っていた。というのも、「お、盆休みでもジャンプ出てるじゃん!」とだまされたことがあり、それを根に持っているのかもしれない。──アナタも、そうでは ありませんか?

想像を絶するくらい

シュージンも見吉も、3 年くらい付き合っているカップルみたいだ。冷めているようにも見える。とくにシュージンはクリスマスのデートだというのに、何とも浮かない表情をしている。

ちょっと驚いたのが、サイコーと亜豆を語るシュージンのセリフを聞いた、見吉の反応だ。

あの 2 人 俺達の想像を絶するぐらい愛し合ってる

──これ、フツーの女の子が聞いたら、うらやましがるのでは。それなのに見吉は、ドン引き。

注目なのは、「俺の」ではなく俺達の想像とシュージンが言っているところだ。ようするに、見吉は そこまで恋愛にのめり込まないタイプ、と知った上で発言している。ニクい! さらに言えば──おそらく見吉がのめり込む性格なら、対象は「恋愛」ではなく「シュージン」、と思っているに違いない。ニクすぎる!

恋することは、切ない──。それを、ひとごとのように語るシュージンと、冷静な目で見守る見吉は、イマドキのカップルの姿なのだろうか。

「一億分の」

服部が考え、シュージンが絶賛したアイデアを見て、「これ、自分も考えたぞ !!」と叫んだ。──そのあと、冷静に過去の記事を検索すると、少し違っていた。惜しい!

『ふたつの地球』と『1 億分の』を合わせて 1 つの作品を描けばいいのでは、と思った。

バクマン。 NO.10「不安と期待」 服部の過大評価と『1 億分の』 : 亜細亜ノ蛾

──ということは、今までの 3 作品を合わせて一つにすれば良いのでは。

そこから考えると、シュージンの作る話は、どれも同じように見える。昔の SF 作品のニオイがする──と言うと、自分は SF 者ではないので識者の方々からツッコミが来そうだが。このあたり、大場つぐみ先生が「説得力を持たせるためにある程度は面白い、しかし自分が使いたい話は避ける」という基準でシュージンのネームを考えているのでは、と見た。それこそ、赤マル作家へ次から次へとネームを渡せるくらい、作品のアイデアを持っていそう。

いま思ったけど、川口たろう先生のように、山ほどボツネームを書いた作家さんは何人もいるのだろう。ここで必要なのは、そのボツを切り貼りして「使えるネーム」に仕上げる人なのでは。イチから作品を作る才能はなくても、すでに在る物を活かせる人は多いと思う。自分も、そちらのほうが向いている、と自覚がある。

──まぁ、こうしてシロートが思いつくくらいだから、とっくに実現しているか、それとも致命的な問題があるのだろう。もし、斬新な考えとして「ボツネーム・リサイクル法」がこの記事から広まったら──アイデア料は勉強しときまっせ。

手作りチョコ

並のマンガだったら最低でも 2 週に分ける「クリスマス・バレンタインデーのイベント」を、たった 1 週にまとめる(しかも数コマ)──それが『バクマン。』クオリティ。

見吉がシュージンに渡したチョコレートが手作りだったことから、見吉は家庭的な一面があるのかも。──と言いながらなんだが、自分は男なのにチーズケーキが焼けるヒトなので、「溶かして固める」チョコは「手作り」に入れたくないけれど。

亜豆のほうは──たぶん、料理も含めて家事全般が苦手なんだろうな。手紙には家族に作っているの見られたら恥ずかしいからと書いてあったが、可愛らしいウソ、と読み取れた。結婚しても、家政婦さんかサイコーにすべて任せそう……。

今まで生きてきた中で

喜びを全身で表現しているシュージンのセリフは、岩崎恭子さんのパロディだろう。

岩崎恭子 - Wikipedia

──って、1992 年の話 !? じつに、16 年前! 中学生のシュージンは、リアルタイムで見ていないのか。ちょっと、めまいがした。

さて、喜んだのもつかの間、服部が真相を語る。サイコーとシュージンが悔しがるよりも前に、声を荒らげる服部が熱い!(「声を荒げる」は誤用らしい)服部ウォッチャを続けてきて良かった。

以前にも書いたが、ますますバトルマンガに似た展開となってきた。

『バクマン。』って最近のジャンプの「バトルマンガ」と構造がよく似ている。強大なライバルとの出会い、いきなりトーナメント戦に参戦、学校生活とバトル、挫折と修行──ほら、そっくり。

バクマン。 NO.10「不安と期待」 キモい石沢とモテるシュージン : 亜細亜ノ蛾

クールなイマドキ中学生の主人公と、異様な天才型ライバル──勝つのは どっちだ !?

[2] このページの一番上へ戻る